新型フォルクスワーゲン ザ ビートルRラインに試乗|Volkswagen

新型フォルクスワーゲン ザ ビートルRラインに試乗|Volkswagen

CAR IMPRESSION

Volkswagen The Beetle R-line|フォルクスワーゲン ザ ビートル Rライン

MINIとはまた違う魅力を持っている

2015年にデビューしたフォルクスワーゲン「ザ ビートル」がこのたびマイナーチェンジを受けたのを機に、スポーティな雰囲気をまとった新モデルが追加された。11月9日に発売された同車にさっそく試乗した。

Text by OGAWA FumioPhotographs by ARAKAWA Masayuki

カタログモデルとしては初採用となる1.4リッターエンジン

キュートさがクルマの一つキャラクターとしてとらえられるようになったきっかけは、日産の「Be-1」だったろうか。おそらくそれよりずっと前の「オリジナル ビートル」こそ確固たるキャラクターを備えたクルマだった。1938年に登場のビートルは(設計者は意図していなかったろうが)僕たちにとって“友だち”のように見えたクルマだ。だからディズニーは「ラブバッグ」という映画を2本も撮ったのだろう。

時を経て「ニュービートル」が発表されたのが1998年。それを改善してクルマとして完成度をあげたのが「ザ ビートル」だ。2011年に発表された。2016年9月には日本でマイナーチェンジ版が発表され、大型化したエアダムを組み込んだ前後バンパーの意匠を含めて「スポーティで精悍な雰囲気」(フォルクスワーゲングループジャパン)が強調されている。

Volkswagen The Beetle R-line|フォルクスワーゲン ザ ビートル Rライン
Volkswagen The Beetle R-line|フォルクスワーゲン ザ ビートル Rライン

今回のマイナーチェンジの眼目はスポーティな意匠の採用、先進的安全装備の充実、そしてコネクティビティの向上からなる。グレード構成も一部見なおされ「ザ ビートル ベース」「ザ ビートル デザイン」(ともに1.2リッター)と従来のターボが名称変更された「ザ ビートル2.0 R-Line(2リッター)となっている。

2016年11月9日、さらにもう1台まったく新しいザ・ビートルが追加された。1.4リッター4気筒DOHC4バルブエンジンを搭載した「ザ ビートルR-Line(アールライン)」だ。R-Lineはスポーティな雰囲気を謳われていて、大径ホイールをはじめ、専用シートによるスポーティな内装などが特徴となっている。

1.4リッターエンジンはカタログモデルとしては日本初お目見え。これまでに2016年春に限定販売された「ザ ビートル デューン」に搭載されたことはあった。今回のエンジンは7段DSG(ツインクラッチタイプ)変速機を含めて、そのデューンと同じものである。

このザ ビートルR-Lineはよく走る。