サーキットでめぐり会う、ランボルギーニとブランパン|Lamborghini

サーキットでめぐり会う、ランボルギーニとブランパン|Lamborghini

CAR FEATURES

Lamborghini Blancpain Super Trofeo Asia Series|

ランボルギーニ・ブランパン・スーパートロフェオ・アジアシリーズ

サーキットでめぐり会う、ランボルギーニとブランパン

プレミアムスポーツカーメーカーのランボルギーニと、高級機械式腕時計メーカーのブランパン。老舗や伝統というキーワードがもたらす地位に甘んじることなく、最先端の技術を恐れることなく取り入れ、常に挑戦と革新をつづける両社がタッグを組んだ。コラボレーションの舞台は、サーキット。世界中の猛牛使いたちがエントリーする「ランボルギーニブランパン・スーパートロフェオ」と呼ばれるレースは、ブランドそれぞれのこだわりと英知を注ぎ込んだ特別なステージである。

Text by SAKURAI Kenichi

ガヤルドによるガヤルドだけの熱い戦い

「ランボルギーニ・ブランパン・スーパートロフェオ」はイタリアのプレミアムスポーツカーメーカーであるランボルギーニが、「ガヤルド」のワンメイクレースとして今から4年前に欧州でスタートさせた。世界でも稀なマニュファクチュールとしても名高い高級時計メーカーの「ブランパン」をパートナーに、イタリア モンツァや英国 シルバーストーン、ドイツ ホッケンハイムなど、欧州の名だたるグランプリコースで、ガヤルドによるガヤルドだけの熱い戦いが繰り広げられてきた。

このレースではプロのドライバーだけでなく、多くのアマチュアドライバーもレーシング・ガヤルドのステアリングを握る。ランボルギーニは「ランボルギーニ・ブランパン・スーパートロフェオ」を“ジェントルマンドライバーのためのレース”と呼んでいるが、なかには世界有数のスーパーカーコレクターもいて、そうしたカスタマーのために、レースという形式を取りながらガヤルドのポテンシャルを存分に味わえる場所とプログラムを提供しているのである。

振り返れば、ランボルギーニがワンメイクレースを開催するのは、1996~1999年におこなっていた「ディアブロ・スーパートロフィー」以来のこと。今、マシンはガヤルドに代わったが、欧州で4シーズン目を迎えるこの「ランボルギーニ・ブランパン・スーパートロフェオ」シリーズは、世界中の猛牛使いたちが長い間待ち望んでいた輝けるステージともいえるだろう。