名作『ティファニーで朝食を』の誕生秘話が明かされるドキュメンタリー|MOVIE

MOVIE TOKYO Tips

MOVIE|名作『ティファニーで朝食を』の誕生秘話が明かされるドキュメンタリー

『ティファニー ニューヨーク五番街の秘密』

1837年の創設以来、時を越えて多くの人々を魅了してきた世界的なジュエリーブランド、ティファニー初のドキュメンタリー映画がついに公開! ブランドの創業者にして‘キング・オブ・ダイヤモンド’と呼ばれたチャールズ・ルイス・ティファニーのエピソードから始まり、ブランドカラーである‘ティファニー ブルー’の誕生秘話、アカデミー賞のジュエリー選びの裏側も紹介される。また多くのセレブも登場し、米国を代表する様々なスポーツイベントとの関わりなど知られざる歴史などが次々と明らかに。11月5日(土)より新宿武蔵野館ほかロードショー。

Text by OPENERS

世界のあこがれ、ティファニーの秘密教えます。

1837年の創設以来、多くの人々を魅了してきた世界的なジュエリーブランド、ティファニー初のドキュメンタリー映画が公開される。ブランドの創業者にして‘キング・オブ・ダイヤモンド’と呼ばれたチャールズ・ルイス・ティファニーのエピソードから始まり、ブランドカラーである‘ティファニー ブルー’の誕生秘話、アカデミー賞のジュエリー選びの裏側も紹介される。そして、ティファニーの顧客であったジャクリーン・ケネディや、歴代米国大統領のリンカーン、ルーズベルト、アイゼンハワー、オバマなどの逸話、野球チームのニューヨーク・ヤンキースやテニス、ゴルフ、バスケットなど米国を代表する様々なスポーツイベントとの関わりなど知られざる歴史などが次々と明らかになる。

01
01

注目は、誰もが夢見たオードリー・ヘプバーン『ティファニーで朝食を』の誕生秘話。映像は『ティファニーで朝食を』の主人公ホリーが作家のポールと二人でティファニーニューヨーク本店に足を運び、ディスプレイのイエローダイヤモンドに目を留める印象的なシーンから始まる。ここに登場するネックレスはティファニーの名デザイナー、ジーン・シュランバーゼーが1956年頃にデザインした「リボン ロゼット」と呼ばれるもので、中心に輝くイエローダイヤモンドは世界最大級の128・54カラットを誇る伝説の逸品である。

ティファニーとヘプバーンが出会ったいきさつは、当時のティファニー社長ウォルター・ホービングが『ティファニーで朝食を』の製作側にティファニー本店での映画撮影を許可するかわりに、ダイヤのネックレスと写るオードリーの写真撮影の相談を持ちかけたことがきっかけと言われている。そしてこの双方の意向が合致し、ティファニーのジュエリーを身に付けたオードリーの写真は全世界で話題となった。

この運命的な出会いを果たしたティファニーとオードリーの関係は映画公開後も続き、創業150周年のアニバーサリーにはティファニーへ手紙を送るなど、その生涯を通してよい関係を築いた。オードリーは映画を通して、ティファニーの名を世界中に知らしめただけでなく、ティファニー=女性たちの憧れというイメージを広げた立役者なのである。

01
01

本作『ティファニー ニューヨーク五番街の秘密』ではティファニーがジュエリーを提供した映画のワンシーンも多数登場。『クレオパトラ』のエリザベス・テイラー、マリリン・モンロー、『オーシャンズ11』、『メラニーは行く!』、『ブライダル・ウォーズ』、海外ドラマ「フレンズ」などの人気作品とティファニーの関わりが紹介される。またサラ・ジェシカ・パーカーやグウィネス・パルトローがジュエリーを身に付けている場面やレオナルド・ディカプリオ主演『華麗なるギャツビー』の監督バズ・ラーマン、『パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉』、『シカゴ』のロブ・マーシャル監督の独占インタビューも聞くことができる。

そしてオバマ大統領やエリザベス女王、ジョン・F・ケネディ大統領の夫人ジャクリーン・ケネディなど政界の著名人も登場。また、2013年からティファニー社、初の女性デザインディレクターに就任したフランチェスカ・アムフィテアトロフも出演。謎に包まれたティファニーの製作現場の裏側を垣間見ることができる。予告編の一番最後は、『ティファニーで朝食を』のオードリーによる「I am crazy about Tiffany’s(ティファニーに夢中なの)」という有名なセリフで締めくくられる。他にも数々の迫力のジュエリーを楽しむことの出来る、思わず感嘆の声が漏れてしまいそうな美しい映像となっている。

監督は、世界一のデパートといわれるニューヨーク五番街にあるバークドルフ・グッドマンの魅力に迫ったドキュメンタリー映画『ニューヨーク・バークドルフ 魔法のデパート』のマシュー・ミーレー。

マシューはこの作品について、「アメリカ文化に織り込まれたティファニーの歴史、セレブとの関係、古きよきニューヨークが脈々と息づいていること、そして単なる宝飾店ではないことなどにだんだんと魅せられていきました。私が描きたかったのは、ティファニーがアメリカ人の生活にどう組み込まれ、貢献していったか、文化的なアイコンとなったかを伝えたかったのです。」と語り、最後には「『ティファニーで朝食を』のオードリー・ヘプバーンが私にとって初めて恋心を描いた人です(笑)。」と締めくくった。

01

『ティファニー ニューヨーク五番街の秘密』は、11月5日(土)より新宿武蔵野館、ヒューマントラストシネマ有楽町、YEBISU GARDEN CINEMAほかロードショー。

01

『ティファニー ニューヨーク五番街の秘密』
出演|バズ・ラーマン(『華麗なるギャッツビー』監督)、レイチェル・ゾー(セレブ御用達の人気スタイリスト)、ジェシカ・ビール(『ニューイヤーズ・イブ』女優)
ロブ・マーシャル(『パイレーツ・オブ・カリビアン 生命の泉』監督)、フランチェスカ・アムフィテアトロフ(ティファニー初の女性デザインディレクター)他
監督|マシュー・ミーレー 『ニューヨーク・バーグドルフ 魔法のデパート』 
2016年/アメリカ/カラー/英語/87分 原題: CRAZY About TIFFANY’S  
協力:TIFFANY&Co.
© 2016 DOCFILM4TIFFCO LLC a subsidiary of QUIXOTIC ENDEAVORS LLC. ALL RIGHTS RESERVED. © 2016 Quixotic Endeavors