とびきりチャーミングな等身大ヒロイン、ブリジット・ジョーンズが帰ってくる!|MOVIE

MOVIE|とびきりチャーミングな等身大ヒロイン、ブリジット・ジョーンズが帰ってくる!

MOVIE TOKYO Tips

MOVIE|期待を裏切らない面白さに脱帽!

『ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期』

ヘレン・フィールディングの同名小説を映画化して大ヒットした『ブリジット・ジョーンズの日記』シリーズ最新作が、10月29日(土)に公開される。前作から約11年が経過して作られた本作で再びスクリーンに帰ってきたブリジットはなんと43歳に。あれからブリジットはどうなったのか? 仕事、恋愛、出産!? 面白く、切ないラブコメディが、パワーアップして帰ってきた。

Text by OPENERS

とびきりチャーミングな等身大ヒロイン、ブリジット・ジョーンズが帰ってくる!

すべての女性たちを笑いと共感の渦に巻き込んだ、あのとびきりチャーミングな等身大ヒロイン、ブリジット・ジョーンズがまた、帰ってきました!

ロンドンの出版社に務める32歳の独身女性ブリジットは、ベストセラーとなったヘレン・フィールディングの同名小説「ブリジット・ジョーンズの日記」の主人公。レニー・ゼルウィガー主演で映画化され、スクリーンに登場したのは2001年のこと。

07
03

お酒は相当たしなみ、タバコは止められず、体重はいつもオーバー気味。補整デカパンが欠かせず、ドジっぷりもハンパなく、自分に甘くて立ち直りがやたらと早い。恋に夢中だがキャリアも大事という崖っぷち女の本音を正直に、自虐ユーモアを込めて日記にしたためている愛すべきキャラ。

そんな彼女がお堅い弁護士のマーク(コリン・ファース)、チャラい上司のダニエル(ヒュー・グラント)という2人の男性との恋愛に右往左往しながら「幸せになりた〜い!」と大奮闘する姿は、世の女性たちに「わかる~!」と共感を呼んで大ヒット!4年後の2005年には続編『ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月』も公開され、またまた大ヒット。

本作で再びスクリーンに帰ってきたブリジットは43歳。なぜか未だ独身。彼女が愛した2人の男はといえば、なんとダニエルは飛行機事故で亡くなり、マークは別の女性と結婚してしまっていた。しかし、いまやテレビ局の敏腕プロデューサーとなったブリジットに再びドラマチックな出会い(モテ期!)が訪れる。

ハンサムでリッチ、性格もナイスなIT企業の社長、ジャック(パトリック・デンプシー)だ。いつもの天然っぷりから彼と急接近する一方で、マークとも再会を果たすブリジット。マークは妻と離婚の協議に入っているという。またしても2人の間で揺れることになるブリジット。

06
02

もちろんブリジット役はレニー・ゼルウィガー。シリーズ第1作で初のアカデミー賞®候補となった他、ゴールデン・グローブ賞、全米映画俳優組合賞、英国アカデミー賞など数々の候補に挙がり、続編でもゴールデン・グローブ賞コメディ/ミュージカル部門で主演女優賞候補とブリジット役で人気爆発。

映画の冒頭、「あれ? ブリジット、痩せてキレイになっちゃったじゃない? こんなのブリジットじゃない。笑えないよ」と思ったあなたもご安心ください。スリムな彼女でも、そのドジさは健在。嘘をついて一人でケーキでお祝いしながらいつの間にか一人ステージを楽しむ様や、TVの生中継でドキツイ質問を繰り広げる様は、見ていて大爆笑間違いなし。

また、イケメン、ヒュー・グラントがいなくなって悲しんでいる方もご安心を。その穴は、ABCのヒットシリーズ『グレイズ・アナトミー』(05~)のデレク・シェパード医師役でよく知られているジャック役のパトリック・デンプシーが埋めてくれます。しかも、ジャックという男、冷たいわけでもなく自分勝手なわけでもなく、非が全くない……。危し、元彼マーク。

むしろマークは結婚して、二股かけられることに自尊心が砕かれてばかりでみっともない。でも、『キングスマン』で鍛えた肉体が素敵なマーク役コリン・ファースは見ているだけでもうっとりするほどカッコ良い。40代女性としてさらにタイヘンな局面を迎えたブリジットは、一体どうなる!? どちらの彼を選ぶのか、それとも――

01

脇を固める俳優陣も面白い。特に同僚のミランダ(サラ・ソルマーニ)が最高。あんな友達がいたら毎日楽しく仕事ができること間違いない。また、音楽活動休止中のエド・シーランがブリジットに「スタバの店員かと思ったわ」と言われるなど、随所にサプライズが待ち受ける。ブリジットのパパとママ、ジム・ブロードベントとジェマ・ジョーンズら、シリーズお馴染みの顔ぶれも登場し、シリーズ最高に面白い作品が出来上がった。

仕事や恋愛に疲れている人も、そうでない人も、この映画を観ればスカッとすること間違いなし。大いに笑って、泣いて、ブリジットに共感できなくても、きっと明日への活力を得られること間違いなし。『ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期』は10月29日(土)に公開。

『ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期』
10月29日(土)、TOHOシネマズ 日劇ほか全国ロードショー
監督:シャロン・マグワイア
出演:レニー・ゼルウィガー、コリン・ファース、パトリック・デンプシー
(C) Universal Pictures 
http://bridget-jones.jp/