連載・藤原美智子 2016年10月|毛穴対策

連載・藤原美智子 2016年10月|毛穴対策

COUTURE of LIFE:Essay and a story

連載・藤原美智子 2016年10月|毛穴対策

やっとヤル気がでてきた私の毛穴対策アレコレ

女性の肌の3大悩みと言えばシワ、たるみ、そして小鼻まわりの毛穴問題でしょうか。私は最近になって急に、そして積極的に「なんとかしよう!」とヤル気が出てきて、アレコレと毛穴問題に取り組んでいるところ。でも毛穴は汚れだけなく、乾燥や老化によるたるみも原因。つまり総合的なケアが必要です。一筋縄ではいかないからこそ、自分のヤル気が出たのかもしれません(!)。

Photographs & Text by FUJIWARA Michiko

毛穴対策・フルラインナップ

私の対策は、こんな感じ。まずはクレンジング機能のある美顔器や、小鼻の黒ずみをきれいにするためのオイルを使って毛穴の汚れをきちんと落とすこと。ビタミンC誘導体を使用すること。保湿をしっかりとすること。冷やして肌を引き締めること。そして引き上げることです。
そのために使用しているアイテムをご紹介したいと思います。

美顔器で汚れ取り、イオン導入、保湿、引き締め

01
01
01

まずは美顔器の「HITACHI ハダクリエ ホット&クール」のクレンジング機能で毛穴の汚れ取り。コットンにふきとり化粧水の「美人ぬか 純米角質柔軟水」をたっぷりとって、機器に挟んでスイッチを押して小鼻に押し当てます。この機器のいいところは手軽なこと。どんなに優秀でも取り扱いが面倒臭いと長続きしないのは目に見えていますので、私の美顔器の選択の決め手は手軽に使えることです。さらに、保湿機能や冷やして肌を引き締めてくれる機能もついているところも素晴らしい。

汚れを取ったら次はビタミンC誘導体「アプレシエ(APPS)キット1%・50ml用」(左のボトルに右の袋に入っているAPPSと精製水を入れて混ぜて使います)をコットンにたっぷりととり、「温モイストアップ」機能でトリートメント。ビタミンC誘導体は美白だけでなく皮脂分泌のコントロールやコラーゲンの生成促進効果もあるので、毛穴対策にも有効。もちろん全顔にトリートメントしてもいいのですが、今の時期は乾燥が気になるので、小鼻周りと色むら部分だけに当てています。

次のステップの保湿も同機器の「温モイストアップ」機能を使って、保湿用の化粧水をコットンにたっぷりとって浸透させます。乾燥しても毛穴は目立ってくるので、保湿は重要。そしてクリームなどを塗ってスキンケアが終了したら、この機器の背面についている「クール機能」で毛穴部分をキュッと冷やします。

鼻用オイルで汚れ取りと、スッとした鼻筋に

「今日は機器は使いたくなー」という日は鼻用のオイルを使用。お気に入りは、毛穴に詰まった角栓や黒ずみを溶かして落としてくれる「THREE バランシングYラインオイル」。このオイルは天然由来成分100%で作られているのがポイント。精油の香りが心地良く、マッサージしている間とても深くリラックスできるのもお気に入り。そして小鼻まわりだけでなく、眉頭から鼻筋にかけてマッサージすると、スーッと鼻筋の通った印象になるのが嬉しい。私はお風呂に入ってリラックスしながらマッサージしています。

01

リフトアップも毛穴対策には必要

そして週2回ぐらい、たるみ予防に「NEWA」というリフトアップ用の美顔器を使っています。これはサブマイクロ波によって肌を強力に引き締めて、たるみに効くというもの。もちろん顔全体もしていますが、鼻筋の横あたりの毛穴はたるみからきているので、私の場合はそれを解決するために、その部分からこめかみに向かってトリートメントするようにしています。

01

これが私の小鼻の開きを解決するためのフルラインです。それにしても目的がハッキリすると俄然、スキンケアにもヤル気が出てくる私なのですが、本当はトラブルが起きないように日々、コツコツとケアを積み重ねていくのが美容の正しい在り方というものですよね(!)。

ABOUT
FUJIWARA Michiko

ラ・ドンナ主宰。 ヘア・メイクアップアーティスト/ライフスタイルデザイナー 多くの雑誌や広告撮影のヘアメイク、執筆、化粧品やファッション関連のアドバイザー、講演、TV出演などで幅広く活躍している。 また美容だけではなく、 …