新型メルセデスAMG C 43 4MATICステーションワゴンに試乗|Mercedes-AMG

新型メルセデスAMG C 43 4MATICステーションワゴンに試乗|Mercedes-AMG

CAR IMPRESSION

Mercedes-AMG C 43 4MATIC Stationwagon|メルセデスAMG C 43 4MATICステーションワゴン

毎日がとてつもなく楽しくなるステーションワゴン

通常の「Cクラス ステーションワゴン」と、メルセデスAMG「C 63 ステーションワゴン」のあいだを埋めるモデルとしてデビューしたメルセデスAMG「C 43 4MATICステーションワゴン」。ATトランスミッションや4WDシステムにじゃっかんの変更を受けて登場したその最新モデルに小川フミオ氏が試乗した。

Text by OGAWA FumioPhotographs by KAWANO Atsuki

AMGのコアな価値をより多くの人に

世界的に販売好調のメルセデスAMGでは、大胆なマーケティング戦略を展開しはじめた。これまでの「ワンマン・ワンエンジン」という熟練工の組み立てをセリングポイントにしたエンジンカンパニーという立ち位置から、メルセデスAMGのコアな価値を切り分けて、より多くの人が乗れるモデルの開発を手がけるようになった。メルセデスAMGの「C 43 クーペ」はその一例だ。

メルセデスAMG C 43 4MATICステーションワゴンは、AMGが開発を手がけた3リッターV型6気筒エンジンを搭載している。最高出力270kW(367ps)、最大トルク520Nmを発生するこのエンジンにAMG 4MATICを組み合わせた総輪駆動モデルだ。スポーティなドライブフィールと、ステーションワゴンの機能性とを合体させたモデルで、実際の走りは期待を裏切らない。

Mercedes-AMG C 43 4MATIC Stationwagon|メルセデスAMG C 43 4MATICステーションワゴン

全長4,747×全幅1,810×全高1,440mmで適度な実用サイズ

Mercedes-AMG C 43 4MATIC Stationwagon|メルセデスAMG C 43 4MATICステーションワゴン

AMGが開発を手がけた2,996ccのV型6気筒を搭載

3リッターV6エンジンは、AMGとしては唯一の6気筒だが、じつはメルセデスの工場でライン生産される量産エンジンである。とはいってもそれでこのクルマの価値が減じられることはない。力はたっぷりあるうえに、回転と力の出かたのバランスもいいし、とてもいい出来のエンジンだ。全長4.7メートルの比較的コンパクトなサイズを持つメルセデスAMG C 43 4MATICステーションワゴンには十分すぎる力を発揮してくれる。

2016年8月に発売された改良型では右ハンドルが設定されたのがニュースだ。9段オートマチック変速機による多段化のメリットを活かしてトルクバンドをさらに有効に活用できるようにしている。結果、静止から100km/hまでの加速に要する時間を従来より0.1秒短縮(4.8秒)しているそうだ。

AMG 4MATICは従来は通常フロント33対リア67のトルク配分を、今回からリアに69パーセントのトルクがかかるようにして後輪駆動の特性をより強調している。「高いコーナリング性能を実現」するためとメルセデスでは目的を説明している。

じつはこのクルマ、評価するのがとても難しいのだ。