来年日本に上陸する新生アルピーヌを先行披露|Alpine

来年日本に上陸する新生アルピーヌを先行披露|Alpine

CAR NEWS

Alpine Vision|アルピーヌ ヴィジョン

来年日本に上陸する新生アルピーヌを先行披露

アルピーヌのコンセプトモデル「アルピーヌ・ヴィジョン」が日本初披露。2018年早々に日本市場にも導入されることが明らかとなった。

Text and Photographs by OHTO Yasuhiro

A110をモチーフにしたスタイリング

今年2月16日、ルノーは、「アルピーヌ」ブランドの復活と、その第一弾モデルとなるコンセプトモデルの「アルピーヌ ヴィジョン」を発表した。2017年より生産が開始され、欧州市場に投入することが明らかになっている。今回、海を渡って日本で展示されたのは、まさにそのクルマだ。

アルピーヌ自身が、究極のスポーツカーと謳うヴィジョンは、往年のアルピーヌモデル同様にライトウェイト スポーツカーとして生み出されており、2シーターのキャビンを備えた軽量なボディを持つ。

Alpine Vision|アルピーヌ ヴィジョン
Alpine Vision|アルピーヌ ヴィジョン

パワーユニットは、専用開発の直列4気筒ターボエンジンをミッドに搭載。トランスミッションは、デュアルクラッチ(DCT)となる。詳細なスペックは明らかではないが、0-100km/h加速は、4.5秒以下を実現しているという。もちろん、高い運動性能を活かしたドライブを積極的に楽しめるよう、強力なブレーキシステムも備える。

スタイルは、「A110」を筆頭に往年の名車のモチーフを取り入れ、現代風にアレンジしながらも、ひと目でアルピーヌとわかる美しいデザインを構築。特にフロントマスクやリヤウィンドウのスタイルには、A110へのオマージュを感じさせる。コンセプトモデルのボディカラーは、アルピーヌらしい象徴的なブルーとホワイトを採用。市販車では、この他にも数色が用意されるという。