新型Eクラス初のAMGモデルが登場|Mercedes-AMG

新型Eクラス初のAMGモデルが登場|Mercedes-AMG

CAR NEWS

Mercedes-AMG E 43 4MATIC |メルセデス AMG E 43 4マティック

新型Eクラス初のAMGモデルが登場

メルセデス・ベンツ日本は10月6日、「Eクラス」のハイパフォーマンスモデル「AMG E 43 4マティック」を発表、受注を開始した。デリバリーは10月下旬以降が予定されている。

Text by YANAKA Tomomi

AMG 43のなかで最もハイパフォーマンスなエンジンを搭載

今年7月に日本に上陸したばかりの新型「Eクラス」にはやくもメルセデスAMGモデルが誕生した。

パワートレーンは、アルミニウム合金製のクランクケースとシリンダーヘッドで軽量化された専用開発の3.0リッターV6直噴ツインターボエンジンを搭載。最高出力295kW(401ps)、最大トルク520Nm(53.0kgm)を発揮し、メルセデスAMG 43シリーズのなかでもっともハイパフォーマンスなエンジンとなった。

Mercedes-AMG E43 4MATIC |メルセデス AMG E43 4マティック
Mercedes-AMG E43 4MATIC |メルセデス AMG E43 4マティック

トランスミッションは9段ATを組み合わるとともに、AMG開発の四輪駆動システム「AMG 4マティック」を搭載。前後トルク配分が前31:後69というリア寄りのトルク配分でハイパワーを四輪に最適に分配、安定性に寄与すると謳う。ちなみに0-100km/h加速では4.6秒を記録する。

サスペンションもAMGモデルのために開発された「AMGライド コントロール スポーツサスペンション」を使用。またセンターコンソールにあるスイッチで運転モードを切り替える「ダイナミックセレクト」も装備。快適性重視の「コンフォート モード」から、スポーティな「スポーツ モード」、エンジンやトランスミッションなどを個別に設定できる「インディビジュアル モード」といった5つのモードから選択ができる。

エクステリアもAMGならではのものに。フロントグリルには、ダイヤモンドグリルとシングルルーバーの専用デザインが採用され、Eクラスとしては初となる20インチホイールを装着。スポーティなスタイルに仕上げられた。

インテリアはAMG専用インテリアトリムをもちい、シートにはナッパレザーを使用しているという。

ステリングは左で、価格は1,149万円。デリバリーは10月下旬以降が予定されている。

080507_eac_spec
Mercedes-AMG E 43 4MATIC |メルセデス AMG E 43 4マティック
ボディサイズ|全長 4,942 × 全幅 1,860 × 全高 1,447 mm
ホイールベース|2,939 mm
トレッド前/後|1,628 / 1,598 mm
エンジン|2,996cc V型6気筒ツインターボ
最高出力|295 kW(401 ps)/ 6,100 rpm
最大トルク|520 Nm(53.0 kgm)/2,500-5,000 rpm
トランスミッション|電子制御9段AT
駆動方式|4WD
ブレーキ前|ベンチレーテッドディスク
ブレーキ後|ベンチレーテッドディスク
タイヤ前|245/35R20
タイヤ後|275/30R20
価格|1,149万円

問い合わせ先

メルセデスコール

0120-190-610