連載|麗子の部屋❤️ 第3回「都心で極楽現実逃避」

連載|麗子の部屋❤️ 第3回「都心で極楽現実逃避」

麗子の部屋❤️

連載|麗子の部屋❤️

第3回 都会のオアシス「星のや東京」を堪能

都心で極楽現実逃避

いや〜気づけば秋ですね。毎年、夏はなんだかバタバタしておりまして、いつの間にか秋になっているパターンです。ごきげんよう、麗子です。ワタクシの夏はどこに行ったのかしら?そんな自分を慰めるべく、7月20日に開業した「星のや東京」に宿泊してきました。

Text by Reico

東京のど真ん中に「旅館」が出現

東京はオフィス街大手町に突如出現したのが塔のようにそびえ立つ日本旅館「星のや東京」です。東京の都心に旅館って、考えてみたらありませんよね。

17階建ての塔の中に入ると一転別世界!

そこには純和風のインテリアに日本古来のくつろぎを感じさせる心地いい空間が広がっているんです。入り口で履物を脱いでホッと一息。日本人だからでしょうか?

靴を脱いで宿に入るって、とっても落ちつくんですよね。

まず、中に入ると目に飛び込んでくるのが幻想的な空間。藤で編み込まれたボックスは靴箱でゲストの靴を収納。素足で畳の感覚を味わいながら客室へと向かいます。ここが東京の中心だなんてことを忘れてしまう静寂に包まれるんです!

215-2

プライベートな空間が大人にオススメ

215-2
215-2

さっそく客室へ。

各階に「お茶の間ラウンジ」というくつろげるラウンジがあるため、他の階のお客様に会わない仕組みになっています。お茶の間ラウンジには若手の作家による陶器なども置いてあり、くつろぎたくなる雰囲気なんです。客室はもちろん畳♥︎

お布団風ベッドは星のや東京のためにオーダーされた特別なマットを使用しています。何とも寝心地がいいんですね。部屋の窓からは江戸小紋をイメージした外装越しに大手町の高層ビルが見えるのが不思議&優越感!

レストランはコース料理が楽しめる地下1階のダイニングのみ。大手町という場所柄、食事は外で楽しむのも大いにありですね。

大手町で天然温泉!

ワタクシ的にポイントが高いのが天然温泉に入れるということ!

東京のど真ん中で天然温泉に入れるなんて聞いたことありませんから!

地下1500mから引っ張っているという温泉はヨウ素を多く含んだ琥珀色のトロリとしたお湯が特徴。ゴールデン風呂って感じです!

最上階に温泉があるので、吹き抜けの天井から東京の空が拝めます。現実逃避の「星のや東京」宿泊は、大人にオススメですよ。

215-2

「星のや東京」
住所|東京都千代田区大手町一丁目9-1
電話|0570-073-066
http://hoshinoya.com


麗子|Reico
アラサーエディター&ライター。シャンパーニュと旅をこよなく愛するため、夢と希望は膨らむものの、婚期は遅れがち。趣味は夜のパトロールと気ままな旅。男性に求めるものはレディファースト♥︎