航続距離が飛躍的に伸びた新型i3を発売|BMW

航続距離が飛躍的に伸びた新型i3を発売|BMW

CAR NEWS

BMW i3|ビー・エム・ダブリュー i3

航続距離が飛躍的に伸びた新型i3を発売

BMWの電気自動車「i3」が大幅な航続距離延長を果たし、10月1日より新型モデルとして発売が開始される。車両本体価格は一部の標準装備を見直すことで499万円からと据え置かれたが、クリーンエネルギー自動車補助金の適合により、最大36万5,000円の受給が可能(従来モデルは最大23万9,000円)となるので、実質支払額は下がったことになる。

Text & Photographs by UCHIDA Shunichi

サスティナビリティとは

「“決め手は新しい感覚”、“金額以上の楽しさワクワク”、“カテゴリーを超越したクルマ”。これは実際に乗っているi3ユーザーの感想で、乗っているユーザーのほぼすべてがこのような印象を持っています。その理由は BMW i3がこれまでのクルマづくりとはまったく違う理念、哲学から生まれたクルマで、これまでのクルマの概念を超越した新しいモビリティーソリューションだからです。そしてこれこそがBMWが、あえてBMW iというブランドをつくり、このクルマを取り扱う理由なのです」とは、ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)BMWブランド・マネジメントプロダクト・マーケティングの生野逸臣氏の弁。

BMW i3|ビー・エム・ダブリュー i3
BMW i3|ビー・エム・ダブリュー i3

このBMW iの使命である重要なキーワードは“サスティナビリティ”だ。BMW iはサスティナビリティの実現に向けて、今できうる技術のすべてを集めてクルマづくりを実践しているという。

このサスティナビリティとは何か。1987年、国連の環境と開発に関する世界委員会ではじめてこの言葉が定義された。それは、将来の世代が自らの要求を充足する能力を失うことなく、今日の世代の要求を満たすことである。

簡単には「次の世代がきちんと自分たちの力で生活していけるように、今と同じような環境を残す。その一方で今の世代が要求するものを満たし、不自由なく生活できるようにしていくというものです」と生野氏。これは、個人でも企業でも社会に影響を与える活動主体ならすべて当てはまることで、「BMWにおいてはもちろんクルマづくりでこれを実践していく。その象徴がBMW iなのです」と述べた。