三原康裕が語る“KOGEI”の魅力 |MITSUKOSHI

三原康裕が語る“KOGEI”の魅力 |MITSUKOSHI

DESIGN FEATURES

日本橋三越本店本館6F美術フロア

魂のこもった作品があるところ

三原康裕、“KOGEI”の聖地を訪れる

伝統工芸から絵画まで、世界的にも価値のあるさまざまな作品を販売している日本橋三越本店本館6F美術フロアに、三原康裕が訪れた。老舗百貨店が誇る“KOGEI”の数々に、世界的ファッションデザイナーは何を感じ、何を考えたのだろうか。

Text by OGAWA FumioPhotographs by Jamandfix

さまざまな作家が自分の“今”を表現している

海外でも評価が高い日本の伝統工芸。なかでも人間国宝をはじめ超がつく一流の作家の作品を集めているのが日本橋三越本店本館6Fの「美術工芸サロン」だ。伝統工芸から国際的な価値をアピールする「KOGEI」への躍進が謳われるいま、その魅力を堪能しない手はない。「Maison MIHARA YASUHIRO」の三原康裕氏も伝統工芸の魅力を強く意識する一人だ。

三原康裕氏と伝統工芸。シャープな着想と大胆な造形力に裏打ちされたシューズに代表される三原氏のデザインと、日本で連綿と続いてきた金工や陶芸の作品とは銀河系何個かぶんのへだたりがありそうだ。しかしじつは美術大学出身の三原氏は在学中から京都など長い歴史を持つ伝統工芸の工房に泊まりこみ研修を受けた経験も持つ。仕事のうえでも織物などの職人と話すこともあり、作品が生まれてくる背景にもよく通じている。

三原康裕が語る“KOGEI”の魅力 |MITSUKOSHI
三原康裕が語る“KOGEI”の魅力 |MITSUKOSHI

三原氏にとって、それゆえ、日本橋三越本店本館6Fの「美術工芸サロン」は強く興味を惹かれる場所だ。足を踏み入れてまず口にしたのが、ここは聖地ですのひと言である。

「さまざまな作家が自分の“今”を表現しています。しかも大胆に。ウケを狙っているのでなく、自分の表現を追い求めている姿勢は明確です。かといって、自分だけの世界に閉じこもって“芸術”を追究しているような自己完結性もありません。ちゃんと一般に開かれています。だから作品には血が通ってるように思えるし、作家の体温を感じます。そんな作品が並んでいるここは、いってみれば聖地ですよ。すごい力を持つ作家ばかりで、その人たちを集めて、作品を作ってもらっている(日本橋三越本店美術部)スタッフの力にも感心します」

日本橋三越本店本館6Fの美術フロアは1907年にスタート。以来、才能ある日本在住の作家たちの作品を扱ってきた。絵画、彫刻、オブジェなどに加え、陶芸、漆芸、金工、木工、竹工、人形、ガラスと対象とする作家と幅はとても広い。加えて6階の展示スペースは「日本でトップクラス」の床面積で、三原さんの言葉を借りるならまさに「聖地」の趣なのだ。