プリンセス・クルーズが熊本県八代港にて復興支援を実施|PRINCESS CRUISES

PRINCESS CRUISES|プリンセス・クルーズが熊本県八代港にて復興支援を実施

LOUNGE FEATURES

PRINCESS CRUISES|プリンセス・クルーズ

熊本県八代港にて復興支援を実施

世界三大クルーズ会社のプリンセス・クルーズは、2016年9月15日に熊本県八代市へ初寄港し、熊本地震で被災された方々への復興支援イベントを実施する。幼稚園児を船内見学に招待するなど、熊本県のいち早い復興を願う。

Text by WASEDA Kosaku(OPENERS)

船内でイベント「チャリティ・ウォーク」を開催

クルーズ会社、プリンセス・クルーズの所有する大型豪華客船「ダイヤモンド・プリンセス」が熊本県八千代市に初寄港する。

すでにプリンセス・クルーズは、プリンセス・クルーズ・コミュニティ財団を通し、熊本県への義援金として、日本赤十字社を通じて200万円の寄付を実施しており、今回の活動はそれに続く2回目の活動となる。

今回は船内で「チャリティ・ウォーク」を開催。このイベントの対象となるのは、2016年9月9日(金)に横浜を出発する「日本の美 瀬戸内海・名城の地めぐりと韓国 9日間」ツアーの参加者。船上の外周デッキで行われるウォーキングに参加したお客様から、1人15米ドル~を寄付としていただき、さらにプリンセス・クルーズ・コミュニティ財団が同額を追加した上で、日本赤十字を通して熊本県に寄付する。

princess-cruises-kumamoto_002
princess-cruises-kumamoto_004

チャリティ参加者には、熊本県と八代市より特別に提供されたオリジナルくまモンクリアファイルと缶バッジが記念品として贈られるという。

初入港の際は、ウェルカムセレモニーが開催される。チャリティの一環として被災地の子供達を船内に招待し、船内見学を実施する。

また、出港時には、熊本県の人気キャラクターくまモンが登場する。地元秀岳館高校の生徒による雅太鼓の演奏ととともに華やかに船出を見送る予定だ。

プリンセス・クルーズのジャパンオフィスである株式会社カーニバル・ジャパンの代表取締役社長 堀川悟氏は「熊本地震の被災地の一日も早い復興を願い、今回のクルーズにて、チャリティ・ウォークを開催いたします。観光地としての魅力にあふれた熊本の復興に少しでもお役にたてれば幸いです」とコメントした。

問い合わせ先

カーニバル・ジャパン プリンセス・クルーズ

http://www.princesscruises.jp/