キネコ映画祭に、ライブに…大忙しの日々|戸田恵子

戸田恵子|キネコ映画祭に、ライブに…大忙しの日々

Happy? Half Century

戸田恵子|世界最古の子供映画祭

キネコ映画祭に、ライブに…大忙しの日々(1)

チェコ・ズリーンで開催された子供映画祭「ズリーンフェスティバル」を訪れた戸田恵子さん。子どもたちと楽しいひと時を過ごしつつ、空いた時間でチェコを観光。すっかりチェコに魅了されてしまったようです。

Text by TODA Keiko

チェコでもアンパンマンは大人気!

自分の趣味の中でチェコという国に行ってみようとは恐らくならないと思うのですが、キネコ国際映画祭のお仕事で思いがけずチェコのズリーンという郊外に行くことになりました。皆さんも聞いたことがない土地だと思います。何と言ってもプラハ。でも今回は本当に自分ではチョイスしないズリーンという田舎町。羽田からドバイ。ドバイからウィーン。ウィーンから車で国境を越えて3時間!なんと羽田から現地のホテルまで24時間くらい掛かる長旅でした。

toda-keiko_001
toda-keiko_003

ズリーンははっきり言って田舎です(笑)。緑がとても多くて、だから鳥のさえずりも半端ないです。これには本当に笑いました。まるで環境アプリのテープを流しているかのごとく、いえ、それ以上に激しく鳴いていました。のどかです。オレンジ色の屋根が並ぶ街も可愛らしく、ホテルも映画祭の期間は安くなるという良心的な街。普通は逆ですもんね。

映画祭は終始、街をあげて行われており、あちこちでイベントとスクリーニング。全て子供達に向けてのフェスです。56回目を迎えたズリーンフェスティバルは世界で最も古い子供映画祭と言われています。そんなフェスにお招きいただいてとても光栄でした。

ズリーンでは子供達とワークショップをしました。身体をほぐす体操をしたり、アニメーションに合わせて声を出したりしました。みんなとっても真面目に取り組んでくれて嬉しかったです。ズリーンには日本人が5人しか住んでいないそうですが、偶然そのうちの3名にお目にかかりました。そしてかわいい日本とチェコのハーフの女の子にも。何と!アンパンマンのぬいぐるみを持って来てくれました。すごいぞアンパンマン!チェコでも大活躍だなんて(笑)!

toda-keiko_005
toda-keiko_007

会場は、熱気と活気に溢れていました。映画祭を運営されている方にもお会いして、色々なお話を伺って大変勉強になりました。また、映画も何本か子供達と一緒に観ました。日本でも紹介したい作品もありました。

ファイナルの授賞式やアフターパーティーにも参加しました。ズリーンフィルハーモニーが来て演奏したり、授賞式も立派でTV中継なども入り、本当に街中で盛り上げているのがよく分かります。素晴らしい。

帰りも思いがけずウィーンで数時間のオフが頂けて、壁に直筆サインが残っているグリッヒェンバイスルというレストランで食事をしました。中にはモーツァルト、ベートーベン、シューベルト、マーク・トゥウェイン等のサインがあるのです。日本人の著名な方のサインもいくつか。なんと私もと言われ、もしかして一生に一度かも!と思い、サインを書いてまいりました。

toda-keiko_016
toda-keiko_017

世界遺産シェーンブルン宮殿を馬車でぐるり。シュテファン大聖堂。ホテルザッハのザッハトルテ。駆け足で巡ったウィーンも素敵でした!いつかまた行けることがあれば嬉しいです。

Page02. 大人の雰囲気立ち込める「LIVE in コットンクラブ」

ABOUT
TODA Keiko

愛知県出身、9月12日生まれ。NHK名古屋放送児童劇団に小学5年生から在籍し、『中学生群像』(『中学生日記』の前身) で女優デビュー。1973年に上京し、翌74年「あゆ朱美」の芸名でアイドル演歌歌手としてもデビューする。 その後、タレント活動中に声優・演出家の野沢那智より声をかけられ、77年に野沢主宰の劇団・薔薇座へ入団。本格的な演技を学び 始め、『スイート・チャリティ』『踊れ艦隊のレディたち』など数多くのミュージカルに出演、看板女優として活動する。 主演した『スイート・チャリティ』で芸術祭賞演劇部門賞を、また外部出演したミュージカル『ミュージックマン』で葦原英了賞を受賞。 薔薇座には89年まで在籍し、同年には舞台『渾・身・愛』で第24回紀伊國屋演劇賞個人賞を受賞。 79年に『機動戦士ガンダム』のマチルダ・アジャン役で本格的に声優としての活動をスタート。その後、アニメ『ゲゲゲの鬼太郎』 (三作目)の鬼太郎、『キャッツ・アイ』の瞳、『きかんしゃトーマス』のトーマス、『それいけ!アンパンマン』のアンパンマン などの声で人気を集める。洋画の吹き替えも数多く手掛けジュリア・ロバーツ、ジョディ・フォスター、ビビアン・リーなどでよく知られている。 声優としての活躍が続いた後、97年には三谷幸喜脚本によるテレビドラマ『総理と呼ばないで』、同じく三谷幸喜脚本・監督の 映画『ラヂオの時間』に出演するなど、女優業を意欲的に展開。その他『クイール』『NINXNIN忍者ハットリくんTHE MOVIE』 『THE 有頂天ホテル』。『ラヂオの時間』では、日本アカデミー賞優秀助演女優賞を受賞した。 以降も女優として、NHK朝の連続テレビ小説『ちゅらさん』『純情きらり』、NHK大河ドラマ『新撰組!』、 CX『ショムニ』『お水の花道』『天才柳沢教授の生活』『HR』などに出演。また舞台でも『温水夫妻』『You Are The Top』 『オケピ!』『なにわバタフライ』(共に三谷幸喜作・演出)、『歌わせたい男たち』(永井 愛作・演出)、 『星屑の町・東京砂漠編』(水谷龍二作・演出)、地球ゴージャス『HUMANITY』、『ザ・ヒットパレード ショウと私を愛した夫』 (鈴木 聡作・山田和也演出)など、同時代の劇作家によるオリジナル作品に多数出演。『なにわバタフライ』『歌わせたい男たち』 で、第5回朝日舞台芸術賞秋元松代賞、第13回読売演劇大賞最優秀女優賞を受賞した。 確かな歌唱と演技、その存在感は各界のクリエイターから評価され、世代を超えて観客からも支持を集めている。