日本に上陸した新型メルセデス・ベンツEクラスに試乗|Mercedes-Benz

日本に上陸した新型メルセデス・ベンツEクラスに試乗|Mercedes-Benz

CAR IMPRESSION

Mercedes Benz E Class|メルセデス・ベンツ Eクラス

日本に上陸した新型メルセデス・ベンツEクラスに試乗

メルセデスならではの走りと革新的技術の融合

最新技術による運転支援システムを多数搭載してデビューした新型Eクラス。新たなる時代に飛躍することを目指して開発された同モデルに、さっそく日本の路上で試乗した。

Text by OGAWA FumioPhotographs by ARAKAWA Masayuki

完全自動運転につながることを目指した安全運転支援システム

自動運転への道のりを駆ける、と謳うメルセデス・ベンツの新型「Eクラス」。2016年7月に日本の路上を走り出した。同等のセグメントに属していた1947年の「170V」から数えて10代目という。最大の特徴として謳われるのが、完全自動運転につながることを目指した安全運転支援システムの最新技術を搭載していることだ。しかしもちろんそれだけではない。新型E 200 アバンギャルド(スポーツ)に乗ると、クルマとして驚くほどよい走りを堪能させてくれるのである。

エンジン バリエーションは出力ちがいを含めると4つを数える新型Eクラス。先行して発売されたのは新型「E 200 アバンギャルド」である。135kW(184ps)の最高出力を持つ2リッター4気筒エンジンに9段オートマチック変速機を組み合わせた後輪駆動だ。ラインナップのなかでは最もベーシックなモデルであるが、バリエーションは豊富。やや固められた足回りなどスポーティなキャラクターをもった「E 200アバンギャルド スポーツ」や、フルタイム4WDシステム搭載の「E 200 4MATIC アバンギャルド」も用意される。今回試乗したのはE 200 アバンギャルド スポーツ(727万円)である。

Mercedes Benz E Class|メルセデス・ベンツ Eクラス

ハンドリングのよさはメルセデスのよき伝統を受け継いでいる

Mercedes Benz E Class|メルセデス・ベンツ Eクラス

エンジンはよく回りパワフルで乗り心地もしなやか

E 200 アバンギャルド スポーツの特徴は、マルチビームLEDヘッドランプ、進化したアダプティブ ハイビーム アシスト プラス、フロントブレーキのドリルド ベンチレーテッドディスク、19インチ アルミホイール、フロントスポイラーと側面とリアのスカートからなるAMGスタイリングパッケージなどだ。やや深く見えるエアダムの形状もE 200 アバンギャルドとの相違点。Eクラスが備えるさまざまなキャラクターのうちスポーティな面をより強調した仕様といえる。

ホイールベースが従来より65mmも延びたボディは全長4,930mmと堂々たるサイズである。ただしキャビンとボディ、さらにボディとタイヤの位置関係などプロポーションの見直しと、抑揚がつけられた面構成によって意外なほど引き締まった印象だ。スタイリングイメージは「Sクラス」や「Cクラス」と近く“かたまり感”のある力強い印象をもつものである。

走りはとてもすばらしいものだった。