メルセデス・ベンツ、新型Eクラスを日本で発表|Mercedes-Benz

Mercedes-Benz|メルセデス・ベンツ、新型Eクラスを日本で発表

CAR NEWS

Mercedes-Benz E-Class |メルセデス・ベンツ Eクラス

新型Eクラスを日本で発表

メルセデス・ベンツ日本は、北米国際自動車ショー(通称デトロイト モーターショー)で初公開された新型「Eクラス」を日本で発表。7月27日より注文受付を開始した。

Text by WASEDA Kosaku(OPENERS)

世界初、タッチコントロール機能をステアリングに装備

メルセデス・ベンツ「Eクラス」は、世界で累計1,200万台以上の販売台数を誇り、メルセデス・ベンツのラインナップの中で中核をなすモデル。1947年に発表されたW136/191型から数えて10代目、Eクラスの名を冠してからは5代目となる。

新型Eクラスのサイズは、「E200 アバンギャルド」で、全長4,930×全幅1,850×全高1,455mm。ホイールベースが先代比で65mm延長されたそのスタイリングは、最新のメルセデスのデザイン言語を備え、長いボンネットからクーペを彷彿とさせるルーフライン、そしてショルダー幅の広いテールエンドへと流れるようなシルエットを描く。リアエンドは、ホイールアーチ上方に幅の広いショルダーラインを施すことで、力強い印象が与えられた。

mercedes-benz-e-class_002
mercedes-benz-e-class_003

ボディに埋め込まれた2本バーデザインを取り入れた一体型リアコンビネーションランプを採用していることも、最近のメルセデスの一員であることを示す。また、スターダストや天の川、あるいはジェットエンジンの輝きを想わせるとメルセデスが説明する「スターダストエフェクト」というリフレクター構造をあらたに導入した。

インテリアデザインでハイライトとなるのは、2つの高精細12.3インチワイドディスプレイだ。2つのディスプレイを一枚のカバーガラスで覆ったコックピットディスプレイは、まるで空中に浮かんでいるように見え、インテリアの水平方向に流れを強調する中心要素となっている。

加えて、世界で初めてタッチコントロール機能をステアリングに採用。スマートフォンなどと同様にタッチセンス機能を内蔵したボタンは、縦方向および横方向のスワイプ操作が可能となっており、インフォテインメントの各機能の操作などをステアリングから手を離すことなくおこなえるという。