戸田恵子×植木 豪|ミュージカル「わがまま」など、舞台で活躍する2人

戸田恵子×植木 豪|ミュージカル「わがまま」など、舞台で活躍する2人

Happy? Half Century

戸田恵子プロデュース「BGブランド」

戸田恵子×植木 豪、舞台で活躍する2人

ブランドプロデューサーの戸田恵子さんと、デザインを担当する植木 豪さんが手がける「BGブランド」の新作も盛況の中、舞台で活躍するお二人の近況を語ってもらった。

Text by TODA Keiko

ミュージカル「わがまま」は、革命的な面白さ

植木 豪(以下、植木) 最近は長期間にわたって「WASABEATS 3rd」公演にかかりっきりでした。今年は香港公演もありましたし……。戸田恵子さんのナレーションと共に初海外公演進出です。

戸田恵子(以下、戸田) 嬉しいことだね。あれよっと言う間に3回目の公演。素晴らしいです。豪はプロデュース・総合演出としてこの3度目に向けてのチャレンジはどんなところにあった?

植木 大人っぽさを気にしました。ストリートダンスはイケイケのノリだけのイメージがあると思われがちですが、今回は法律に向き合うというストーリーの芯がありましたし、ぐっと締まったと思います。

戸田 本当にそうだった。メンバーのスキルアップ、パワーアップもあって、全体がよりクリアになってたよね。そしてダンスも芝居と同じで、幕が開いてからお客様から教わることがあるんだなと思いました。2回観たけど2回目は明らかに上がってたというか、空間が埋まったと思いました。

植木 姉さんのナレーションにもパワーもらったしね。ノンバーバルの中で唯一の声。もっと早くやっててもよかったなと思いました。

戸田 私としては慣れた仕事ではあるけれど、ジャンルの違う舞台で自分の声を聴くのは新鮮だったよ(笑)
香港はどうだった?

植木 もう最高に盛り上がりました。
帰国後、1週間で「無許可でダンスをさせた」NOON裁判が上告書で最高裁が検察の上告を棄却して無罪が確定したんです。でもまだクラブでは手をつないで踊れないのが現状だったりします。

戸田 世の中は色々知らないことがあって、なかなか大変だなぁって思いました。いつも、ものすごく練習してる豪だけど、40歳になって踊る身体としてはどうですか?

植木 元気です! なんでこんなに元気! っつうくらい(笑)

戸田 それはスゴイ!!

03
03
03
03

植木 姉さんのミュージカル「わがまま」も革命的な面白さでしたよ。バックステージ物のイメージを覆しましたよね。楽屋で文句を言いつつも自分達も演じながらストーリーが展開していく。姉さんも舞台が続きましたね。

戸田 「ラインの向こう」「星屑の街」「わがまま」と一ヶ月おきになってしまいました(笑) 10年ぶりの星屑は実は自分から志願。大好きな水谷龍二さんの世界観。星屑がラストと聞きつけて、出たい!出なきゃ!って思ったわけ。スケジュール的には自分で自分の首を絞めた感じだったけどね(笑) でも幸せでした。

植木 熟年の俳優が芝居で存分にぶつけ合う素敵なお芝居。舞台のあるべき形を見せてもらいました。

戸田 ありがとう。ホントに皆良い年の重ね方をしていて胸が熱かったです。そしてプロの脚本家にアテ書きしてもらってる幸せ。3作全く異なるタイプの舞台が続いたけど、どれも私の力になりました。やってみないとわからないねLIVEは。

植木 お互い今年後半も暴れましょう!!僕はこのあと姉さんのライブ初のコットンクラブ参戦。楽しみです。

戸田 大人っぽいよー。コットンクラブ!!私も身体、鍛えておかないとなー(笑)

cart_150527_rumors_banner_renewhttp://rumors.jp/search/brand/openers_special/

ABOUT
TODA Keiko

愛知県出身、9月12日生まれ。NHK名古屋放送児童劇団に小学5年生から在籍し、『中学生群像』(『中学生日記』の前身) で女優デビュー。1973年に上京し、翌74年「あゆ朱美」の芸名でアイドル演歌歌手としてもデビューする。 …