BMW GROUP Tokyo Bayグランドオープン|BMW & MINI

BMW GROUP Tokyo Bayグランドオープン|BMW & MINI

CAR NEWS

BMW Group Tokyo Bay|BMW グループ 東京ベイ

BMW GROUP Tokyo Bayグランドオープン

7月8日(金)、BMWやMINIのほとんどのモデルが展示され、100台近い試乗車が用意されるブランド体験施設「BMW GROUP TOKYO BAY」が東京お台場にオープンした。BMWとして国内最大のショールームであるここは、2万7,000㎡の規模で、年間30万人の来場が想定されている。

Text by UCHIDA Shunichi

BMWとMINIを結ぶセンター棟

正面入り口から入場すると、センター棟と呼ばれるエントランスにたどり着く。ここはクライン・ダイサム・アーキテクツ(KDa)が設計したもので、ネスプレッソのカフェテリアやカンファレンスホールが備わる場所だ。ここを中心に左右にBMWとMINIのショールームが配されている。

ビー・エム・ダブリュー代表取締役社長のペーター・クロンシュナーブル氏は、「このエントランスは人々を呼び込むようなデザインです。そして、カフェテリアはまさしくヨーロッパのラグジュアリーと日本のおもてなしが融合するところ。ここで高級な飲みものとラグジュアリーな内装を楽しんでもらえるでしょう」と話す。また、カンファレンスホールは最新のAV機器が供えられ、400名が収容できるスペースだ。ここは、一般にも貸し出しが可能だという。

BMW Group Tokyo Bay|BMW グループ 東京ベイ

カフェテリア

BMW Group Tokyo Bay|BMW グループ 東京ベイ

カンファレンスホール

最新のBMWの全てがわかるショールーム

正面からセンター棟に入って右手がBMWのショールームだ。ここには約80メートルの直線に、20台のBMWが展示される。商談も可能なほか、BMWジーニアスと呼ばれるコンサルタントが常駐しているので、BMWに関する質問や相談などが可能だ。

近年、BMWでは、通常のオプションのほか特別オプションのインディビジュアルにも力を入れており、このショールームにはそのコーナーもある。また、BMW Mのコーナーもあり、そこは、レーストラックのイメージでアスファルトのフロアや、ガードレールがモチーフとして取り入れられている。

そのほか、イセッタバーというカフェや、ライブラリー、ライフスタイルコレクションなども展示されている。

BMW Group Tokyo Bay|BMW グループ 東京ベイ

イセッタバー

BMW Group Tokyo Bay|BMW グループ 東京ベイ

ドライビングシミュレーター

そしてドライビングシミュレーターが常設される。これは、BMW「i3」の実車を用いたもので、2020年のお台場を体験できるものだ。「仮に免許がない子どもたちにもどうやったらBMWの世界を体験してもらえるかを考え、本物のi3を展示。イグニッションをオンにし、ステアリング、アクセル、ブレーキ操作を行うとそれぞれセンサーが感知し、ドライビングシミュレーションができるものです」とは、ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)BMW東京/大阪プロジェクトディレクターの伊集院正行氏の弁。

このデータは森ビルとタイアップし、3Dデータを作成。BMW Group Tokyo Bayから虎の門へ至る3分ほどのシミュレーションだがi3のワンペダルドライビングを体験できるプログラムとなっている。

また、モトラッドのコーナーも併設されている。そこには10台の二輪が展示されているほか、アクセサリーも展示。どの二輪にもまたがって体験することも可能だ。