6 シリーズ グランクーペに試乗|BMW

6 シリーズ グランクーペに試乗|BMW

CAR IMPRESSION

BMW 6 Series Gran Coupe|ビー・エム・ダブリュー 6 シリーズ グランクーペ

ライバルとの比較から探る その味わい

BMW 6シリーズ グランクーペに試乗

BMW「6シリーズ グランクーペ」は、ラグジュアリークーペ「6シリーズ」を4ドア化した、BMW初の4ドアクーペモデルだ。ジュネーブモーターショーで初公開され、6月に日本に導入されたことをOPENERSでもすでに報じているが、この「6シリーズグランクーペ」に、ついに日本で試乗する機会を得た。ステアリングを握ったのは、スポーツドライビングを愛する大谷達也氏。高い性能を誇るライバル4ドアクーペモデルとの比較から、BMWならではの魅力を解き明かす。

Text by OTANI Tatsuya
Photographs by ABE Masaya Porsche for Panamera
ARAKAWA Masayuki for Mercedes-Benz CLS 350

敵を知り、己を知れば?

ライバルを知ることは、ときにそのモデルを理解するのに大いに役立つ。

これまではいずれも2ドアとなるクーペとカブリオレがラインナップされていたBMW「6シリーズ」に、4つのドアを備える「グランクーペ」が追加された。そのライバルをBMWの広報担当者に訊ねると、ずばり、ポルシェ「パナメーラ」とメルセデス・ベンツ「CLS」との答えが返ってきた。

全長5mクラスのクーペライクな4ドアという意味では、両モデルの位置づけは6シリーズ グランクーペとぴったり一致する。とりわけ、スポーティな走りに重きを置いたパナメーラ、そしてメルセデスというブランドがラグジュアリー感を際立たせるCLSは、6シリーズ グランクーペが売り物とするふたつの要素をしっかりと強調する役割を果たしている。

では、アウディ「A7 スポーツバック」は? こちらも全長5mクラスで4ドアを備えるクーペライクなモデル。6シリーズ グランクーペの競合モデルとして数え上げていい気がするが、これにたいする広報担当者の答えは「ノー」。なぜなら、A7スポーツバックはテールゲートが与えられた5ドアハッチバックだから。

たしかに、それは事実だが、ハッチバックモデルながら流麗なスタイリングに仕上げられたA7 スポーツバックを6シリーズ グランクーペと比較検討するファンがいても不思議ではない。本当に大切なのは、こうしたライバルにたいして、6シリーズ グランクーペがどんな特徴を備えているかという点だろう。そこで、このリポートではライバルとの比較をまじえながら6シリーズ グランクーペの魅力を紹介することにしたい。