ポール・スミスのアイディアの根源を紐解く「ポール・スミス展」が開催|Paul Smith

Paul Smith|ポール・スミスのアイディアの根源を紐解く「ポール・スミス展」が開催

EVENT TOKYO Tips

ポール・スミス|PAUL SMITH

ポール・スミスの過去から現在に迫る

ポール・スミス自らが展示物を選定した「ポール・スミス展 HELLO , MY NAME IS PAUL SMITH」が開催。若き日の彼がブランドとともに成長する過程を紐解きながら、彼の生み出すアイディアの神髄を紹介する展示となる。

Text by WASEDA Kosaku(OPENERS)

彼のオフィスやプロダクトを多数展示

今や約70の国と地域で展開するファッションブランド「ポール・スミス」。その創業者であり、デザイナーでもあるポール・スミス氏の魅力に迫った展示会「ポール・スミス展 HELLO , MY NAME IS PAUL SMITH」が開催。ファッションだけでなく、趣味やアイディアの源など、さまざまな角度から彼を紹介し、クリエイションの秘密に迫る。

展示されるものは、ポール・スミス第一号店を再現した空間「The first shop」、彼の頭の中のアイディアをイメージし可視化したインスタレーション「Inside Paul’s head」、ポール・スミスの特徴といえる、ストライプ柄を生み出すデザインスタジオを再現した「The Design Studio」など、彼自身の過去に触れることができる。

paul-smith_018
paul-smith_011

加えて、ロンドン・コヴェントガーデンにある彼の物に溢れたオフィス「Paul’s Office」も展示される。彼がインスピレーションを受けているものは何なのか、アイディアの源は何なのか、その神髄を垣間見ることができる展示となる。

この展示会を開催するにあたり、ポール・スミス氏自ら展示物を選定した。40年にわたり毎シーズン発表し続けている洋服のコレクションの一部や、日本での展覧会で初公開となる新しいストライプをあしらったMINIなどの様々なコラボレーションアイテムに加え、ひとつとして同じものがない個性的な世界のポール・スミスショップも紹介する。

paul-smith_016
paul-smith_017

「ポール・スミス展」は京都、東京、名古屋の3都市を巡回。ポール・スミスファンなら必見の展示会となっている。

ポール・スミス展 HELLO , MY NAME IS PAUL SMITH
【京都会場】
会期|2016年6月4日(土)~7月18日(月・祝)
開館時間|9:30~17:00 ※金曜は20:00まで
休館日|月曜 ※7月18日は開館
会場|京都国立近代美術館
京都府京都市左京区岡崎円勝寺町

【東京会場】
会期|2016年7月27(水)~8月23日(火)
開館時間|11:00~18:00 ※金曜は20:00まで
休館日|なし
会場|上野の森美術館
東京都台東区上野公園1-2

【名古屋会場】
会期|2016年9月11日(日)~10月16日(日)
開館時間|10:00~19:30
休館日|なし
会場|松坂屋美術館
愛知県名古屋市中区栄3-16-1 松坂屋本店南館7F

問い合わせ先

ポール・スミス展

http://paulsmith2016.jp/

京都国立近代美術館

075-671-4111

東京会場ハローダイヤル

03-5777-8600

松坂屋美術館

052-264-3611