Why not? なぜSUVやワゴンに乗らなくちゃいけないのか

Why not? なぜSUVやワゴンに乗らなくちゃいけないのか

CAR FEATURES

Range Rover Sport SVR|レンジローバー・スポーツSVR

Range Rover 30V6 SuperCharged VOGUE LWB|
レンジローバー3.0 V6 スーパーチャージドVOGUE ロングホイールベース

Mercedes-Benz C 220 d Stationwagon |メルセデス・ベンツC 220 dステーションワゴン

Why not? なぜSUVやワゴンに乗らなくちゃいけないのか

充実する輸入車のラインナップのなかで、小川フミオ氏が“自分好みの選択をしよう”と提案する「Why not?」。第3段は大きなリアゲートとラゲッジスペースを持ち、ユーティリティ性の高いSUV&ワゴン編。

Why not? なぜスポーツカーに乗らなくちゃいけないのか
Why not? なぜセダンに乗らなくちゃいけないのか

Text by OGAWA FumioPhotographs by ARAKAWA Masayuki

なぜカイエンじゃいけないのか ―― レンジローバー・スポーツSVR

ジャガー・ランドローバーの「スペシャル・ビークル・オペレーションズ(SVO)」が設計・開発を手がけたというふれこみのスペシャルモデルが「レンジローバー・スポーツ SVR」だ。2015年10月に日本市場に導入。専用設計のヘッドランプと深いフロントエアダム、それに21インチタイヤが、観た目の迫力を強く感じさせる。5リッターV8エンジンは、550馬力(405kW)の最高出力と、680Nmの最大トルクを発生。スポーツカーのようなSUVである。

「ランドローバー史上、最も速くパワフルなハイパフォーマンスモデル」と謳われるレンジローバー・スポーツ SVR。ドイツのニュルブルクリンク北コースでは8分14秒を記録し、SUVのラップレコードを更新したことが、ランドローバーの広報によって大々的に報じられたのも記憶に新しい。スペシャル・ビークル・オペレーションズ部門でエンジニアリングを担当するチームが手がけた、というだけでも価値を見出すユーザーは多いだろう。

Range Rover Sport SVR|レンジローバー・スポーツSVR
Range Rover Sport SVR|レンジローバー・スポーツSVR

静止から100km/hまで加速するのにわずか4.7秒という性能ぶりは、実際に運転すると、真実だとよく理解できる。驚くほどの加速力だし、ハンドリングも一般的なSUVのそれではない。車体の反応速度は速く、コーナリングでの姿勢の安定ぶりも見事だ。サスペンションシステムは、エアスプリングに可変ダンパー、そして可変ロール キャンセル システムが組み合わされている。これは基本的にスタンダードモデルと共用。ただし設定だけよりスポーツ走行を主眼としてチューニングしているそうだ。固い一方でなく、よく動いて、乗り心地は意外なほどしなやか。飛ばせば速いし楽しい。それでいて、高速ツーリングでは快適。かなりよく出来たモデルだ。

レンジローバー・スポーツ SVRのもう一つの魅力が、スタイリングだ。SUVのパッケージにスポーツカー的なイディオムを採用したエクステリアはかなり特別感がある。加えて、インテリア。レンジローバー・スポーツがもともと特徴としていた、機能とエモーションをうまく合体させた基本造型に加え、スポーツシートの採用と独自の色づかいで、SVRでしか手に入らない世界を実現している。

インテリアで目を惹くのは、2トーンのカラースキームだ。試乗したモデルは、ホワイトとブラックが使われていて、スポーティな気分を盛り上げてくれていた。ランドローバーの色づかいのセンスは素晴らしい、と強く感じさせられる仕上がりなのだ。シートはやや硬めだが、長時間乗っていても疲れることはない。

Range Rover Sport SVR|レンジローバー・スポーツSVR
Range Rover Sport SVR|レンジローバー・スポーツSVR

スポーツSUVは、ドイツ車の独壇場だった。スポーツSUVとしては、ポルシェ「カイエン ターボ」(1,738万円)は人気あるモデルである。4,806ccのV8エンジンにフルタイム4WDシステムが組み合わされていて、520馬力(382kW)の最高出力と、静止から100km/hまで4.5秒という加速性能を持つ。ボディサイズは全長4,855mm。5.5リッターV8を全長4,880mmのボディに搭載したレンジローバー・スポーツ SVR(1,605万円)と真っ向からぶつかるモデルともいえる。

レンジローバー・スポーツ SVRは、このクラスのマーケットでは重要視される“雰囲気”において突出したものを持つ。「スペシャル・ビークル・オペレーションズ」が腕によりをかけて開発したという背景も嬉しい。クルマの出来もよいし、インテリアにはこのクルマでしか手に入らないクラフツマンシップを感じさせるぜいたくさが感じられる。ドイツ車からちょっと外れて、このクルマに乗ると、知らなかった楽しさと出合えるはずだ。それは大きな魅力である。

Why not? なぜスポーツカーに乗らなくちゃいけないのか
Why not? なぜセダンに乗らなくちゃいけないのか