ディオール カンヌ映画祭の地で新しいブティックをオープン|DIOR

DIOR|カンヌ映画祭の地で新しいブティックをオープン

PHOTO CREDIT : ADRIEN DIRAND

FASHION NEWS

DIOR|ディオール

カンヌ映画祭の地で新しいブティックをオープン

第69回カンヌ映画祭が5月11日よりスタートし、街が盛り上がる中、ディオールが新しいブティックをオープン。クロワゼット通り7番地にそびえ立つ、パリのアヴェニュー モンテーニュ30番地の雰囲気を醸し出すメゾンは、建築家Peter Marino Architect(ピーター・マリノ・アーキテクト)によって手がけられた。

Text by OPENERS

建築家ピーター・マリノが手掛けたメゾン

第69回カンヌ映画祭が5月11日よりスタートし、年に血度のお祭りに街が盛り上がる中、ディオールが新しいブティックをオープンした。クロワゼット通り7番地にそびえ立つ、グレーとホワイトのトーンを基調としたメゾンは、建築家ピーター・マリノ・アーキテクトによって手がけられた。

フロアは全部で3つ。レザーグッズ、ウォッチ、ジュエリー、プレタポルテ、シューズのコレクションを、ウィメンズ/メンズ両ラインで展開している。コレクションを取り囲む芸術品の中には、Russel Woodard(ラッセル ・ ウッダード)の肘掛け椅子、Wouter Hoste(ウーター・ホステ)デザインのランプ、さらにOyoram(オヨラム)のアニメーションフレスコ画など、貴重な品ばかり。

カンヌのブティックを包むグレーとホワイトのトーンと、ネオルイ16世様式のメダリヨン椅子は、まるでパリのアヴェニュー モンテーニュ30番地の歴史的住所の雰囲気をそのまま移してきたようだ。 ぜひカンヌに行った際に立ち寄ってほしい。

327-1

PHOTO CREDIT : ADRIEN DIRAND

Dior-boutique-Cannes-by-Adrien-Dirand-5

PHOTO CREDIT : ADRIEN DIRAND

Dior-boutique-Cannes-by-Adrien-Dirand-6
問い合わせ先

クリスチャン ディオール

0120-02-1947

www.dior.com