FFの後継モデル、フェラーリGTC4ルッソ日本デビュー|Ferrari

FFの後継モデル、フェラーリGTC4ルッソ日本デビュー|Ferrari

CAR NEWS

Ferrari GTC4 Lusso |フェラーリ GTC4 ルッソ

FFの後継モデル、日本デビュー

2016年のジュネーブ モーターショーでワールドプレミアされた4シーターのニューモデル、「GTC4 Lusso(ルッソ)」 が早くも日本で発表された。フェラーリ初の4輪駆動モデル、「フェラーリ フォー(FF)」の後継モデルで、注目の価格は3,470万円。今年12月以降に日本でのデリバリーを開始する予定だ。

Text by SAKURAI Kenichi

ビッグネーミングのリバイバル

フェラーリ初の4輪駆動モデル、「フェラーリ フォー(FF)」が登場したのは2011年のジュネーブ モーターショーだった。このモデルは、フェラーリが伝統的にラインナップする4シーターモデルの最新作であり、「612スカリエッティ」の実質的な後継モデルである。フェラーリのトップレンジに位置するモデルらしく、フロントに搭載されるのは珠玉ともいうべき伝統のV12エンジン。これを筆頭に、シューティングブレイクとフェラーリが称するこれまでのフェラーリにはない斬新なハッチバックデザインや前述の4輪駆動システムなど、革新的メカニズムを採用するモデルとしてデビューを果たした。

s_ferrari_gtc4lusso_003
Ferrari GTC4 Lusso |フェラーリ GTC4 ルッソ

GTC4Lusso(ルッソ)」は、分かりやすくいえばFFのビッグマイナーチェンジ版である。新たに与えられた「GTC4Lusso」というネーミングは、フェラーリが1960から70年代に送り出したラグジュアリーGTに名付けられた「GTC」という名称のリバイバルであり、フェラーリ ファンであれば、特に1971年にデビューした「365GTC4」を思い出すはずだ。

GTC4Lussoに用いられる「GT」は、その名のとおりグランツーリズモの頭文字で、かつての「365GTC4」ではそれに続く「C」がクーペを、「4」は4シーターを意味したが、GTC4Lussoではそうした意味に加え、「グランツーリズモ」+「クーペ」+「4輪駆動」を示すと解釈されている。ちなみに「Lusso(ルッソ)」とは、イタリア語でぜいたくを意味する。つまり、フェラーリの最上級4シーターGTがこのGTC4Lussoなのである。