バーゼルの“華”は今年もクロノグラフ|BASELWORLD 2016

BASELWORLD 2016|バーゼルの“華”は今年もクロノグラフ

BASELWORLD 2016 次に欲しい腕時計はこの中にある

BASELWORLD|バーゼルワールド

注目の10ブランドをピックアップ

バーゼルの“華”は今年もクロノグラフ(1)

ほとんどのブランドからクロノグラフの新作が登場し、まさに百花繚乱といった趣が、年々強くなる腕時計の世界。2016年のバーゼルワールドでも、その流れは堅調だった。ムーブメント供給が危ぶまれた、いわゆる2010年問題を契機として起こった自社クロノグラフムーブメントの開発競争には一息ついた感はあるが、外装も含めたレベルアップは継続中だ。

Photograph by NAGASHIMA ToruText by KAWADA Akinori

デイトナにブラックベゼルが帰ってきた
ROLEX|ロレックス

ついにという感慨がある。かつてブラックのプレキシガラス製ベゼルを装備したデイトナのステンレススチールモデルは、1960年代半ばに登場し、長きにわたってメタルベゼルモデルと並行して製造されていた。

それが、1988年に登場したRef.16520以降、メタルベゼルに一本化されラインナップから姿を消していた。

ROLEX|コスモグラフ デイトナ セラクロム ベゼル Ref.116500LN

デイトナ誕生50周年の2013年、チェスナットブラウンのセラクロム ベゼルが装備されたプラチナケースモデルが登場。以来、ステンレススチールモデルでもブラックベゼル仕様の復活が強く待ち望まれてきた。

“ROLEX|コスモグラフ
ROLEX|コスモグラフ デイトナ セラクロム ベゼル Ref.116500LN

2016年のバーゼルワールドで発表されたコスモグラフ デイトナは、現代的なクロノグラフフェイスに、かつてのプレキシガラス製ベゼルを想起させるブラックのセラクロム ベゼルを装備し、ひときわ精悍さが引き出された。

セラミック製のリングにタキメーターのスケールと数字を彫り、表面全体をプラチナでコート。表面のプラチナは削り落とし、数字やスケールの溝にのみプラチナを残すという手の込んだ手法で製造されたベゼルは、艶感が美しく、視認性に優れている。

文字盤は、2つのバリエーションがあり、アクティブなブラックラッカーダイヤル、シックなホワイトラッカーダイヤルのセラクロム ベゼルモデルが用意される。いずれもデイトナの新しい時代を開くデザインとして、好評を呼びそうだ。

ROLEX|コスモグラフ デイトナ セラクロム ベゼル Ref.116500LN

ROLEX│ロレックス
コスモグラフ デイトナ
Ref.116500LN
ケース│904Lステンレススチール、セラクロム ベゼル
直径│40mm
ムーブメント│自動巻き(Cal.4130)
機能│クロノグラフ(30分積算計、12時間積算計)
ブレスレット│904Lステンレススチール
防水性能│100m
発売時期│2016年夏発売予定
予価│118万円(税抜)
http://www.rolex.com/ja/

Page02. OMEGA│強力耐磁性を持つマスター クロノメーターがさらに充実