ロールス・ロイスの新型コンバーチブル「ドーン」が日本上陸|Rolls-Royce

ロールス・ロイスの新型コンバーチブル「ドーン」が日本上陸|Rolls-Royce

CAR NEWS

Rolls-Royce Dawn|ロールス・ロイス ドーン

ロールス・ロイスの新型コンバーチブル「ドーン」が日本上陸

ロールス・ロイスの第4のモデルとして2015年9月にデビューした「ドーン」。同社ならではの贅を尽くしたコンバーチブルがこのたび日本に上陸し、お披露目された。

Text by OTANI Tatsuya

レイスと変わらない静粛性と快適性を確保

いかにもロールス・ロイスらしい、豪華で優雅な2ドア、4シーターのコンバーチブルモデルが誕生した。そのモデル名、「ドーン(Dawn)」は夜明けを意味する。

ハードウェア面から見れば、ドーンの基本は「ゴーストII」や「レイス」と同じ。ボディの外寸は同じ2ドアのレイスに酷似するが、V12 6.6リッター ツインターボエンジンはゴーストIIと同じ570psと780Nmを発生する(レイスは632psと800Nm)。また、オープントップ(ロールス・ロイス流にいえばドロップヘッドクーペ)を備えるドーンの車重は、ゴーストIIやレイスより200kgも重い2,560kgとなる(いずれも欧州仕様値)。価格は標準状態で3740万円。

Rolls-Royce Dawn|ロールス・ロイス ドーン
Rolls-Royce Dawn|ロールス・ロイス ドーン

ただし、ドーンが重くなったのには明確な理由がある。「ボディはドロップヘッドクーペでも、フィックスドヘッドクーペ(ハードトップクーペ)のレイスと変わらない静粛性と快適性を確保しなければならない」。 これがドーン開発に際しての、ロールス・ロイスの厳格な開発方針だった。このためソフトトップを閉めた状態におけるドーンの車内騒音はレイスとまったく変わらないという。

もうひとつ、このソフトトップで驚かされるのは開閉時のノイズがまるで聞こえないこと。たとえエンジンが停止した状態であっても、ソフトトップの作動音はまったくといっていいほど耳に届かない。もっとも、かりに走行中でもエンジンは無音に近いのがロールス・ロイスの伝統だが ―― 。ルーフを閉じた状態でもボディにぴったりフィットした美しい曲線を描く点も、ドーンのソフトトップの魅力のひとつ。なお、開閉は50km/h以下であれば走行中も可能なほか、作動音が極めて小さいにもかかわらず開閉には20秒しか要さない。