フランスのミッシェル・エルブランが銀座駅をジャック|MICHEL HERBELIN

MICHEL HERBELIN|フランスのミッシェル・エルブランが銀座駅をジャック

Watch & Jewelry NEWS

MICHEL HERBELIN|ミッシェル・エルブラン

銀座三越にてフェアを開催

フランスの「ミッシェル・エルブラン」が銀座駅をジャック

フランスの老舗時計ブランド「ミッシェル・エルブラン」は、世界50カ国で愛用されている。コストパフォーマンスにも優れ、洗練されたデザインで2014年から日本でも発売されてきた。そのミッシェル・エルブランが、銀座三越でフェアを開催。銀座駅の一角もジャック。

Text by KAWADA Akinori

“着替えるウォッチ”を前面に展開

フランス・スイス国境に広がるジェラ山脈というと、スイスでは時計製造のメッカだが、フランス側でも時計産業が盛んである。ミシェル・エルブランは1947年にジュラ山脈の麓、シャルクモンの町に創業し、着実に成功を収めてきた。

ミッシェル・エルブラン取扱店舗は世界50カ国、3000店で、舷窓を模したデザインのメンズモデル「ニューポート」が代表作として知られている。そんなミッシェル・エルブランのフェアが、3月29日まで銀座三越で開催されている。今回のフェアの中心モデルとなるのは、レディースモデル「アンタレス」だ。

「アンタレス」はレディースコレクションの旗艦モデルであり、抜群の人気を誇っている。優美なレクタンギュラーケースとプレーンなベゼルが際立つラウンドモデルがあり、ストラップが簡単に交換できる点が、好評を博している。今回のフェアでは「アンタレス」の全商品がディスプレイされる。

g1

「アンタレス」の個性あふれるストラップの着脱方法は、指先のレバーを操作するだけで、ストラップを取り外せるシステムとなっており、それこそ服を着替えるような気軽さで、ストラップを交換できる。SSブレスのほかに、レザーストラップも豊富に用意されており、素材やカラー、長さもシングルとロングがあり、合計で20種類以上のバリエーションを誇っている。

時計のストラップを着替えるように交換

「アンタレス」(税別価格9万円〜32万9000円)を購入すると、シングルレザーストラップ1本、ロングレザーストラップ1本を選択でき、上位モデルにはSSブレスも付属されている。購入時点でストラップの「着替え」が楽しめ、レザーストラップは手の届きやすい価格で別売りされている(税別価格、ロング1万6800円、シングル1万3500円)。「無限に着替える。アンタレス」というコンセプトは伊達でない。

g5
gtop

このフェアに合わせて3月13日(日)まで、銀座三越の地下に隣接する東京メトロ銀座駅の4丁目エリアは、「アンタレス」の柱巻き広告でジャックされている。服のように毎日ストラップを変えられる「アンタレス」らしさを表現したヴィジュアルは、ユーモラスにしてエレガントだ。

フレンチブランドの老舗が提案する、洗練されたレディースモデルの真髄に、この機会に、ぜひ触れていただきたい。

銀座三越 ミッシェル・エルブラン フェア
東京都中央区銀座4-6-16
日程|3月7日(月)~3月29日(火)
場所|銀座三越 M2階 時計売場

問い合わせ先

オールージュ

Tel.03-6268-8532

http://michel-herbelin.jp/