『スティーブ・ジョブズ』伝説のプレゼンテーション直前の舞台裏に迫る|MOVIE

MOVIE|『スティーブ・ジョブズ』伝説のプレゼンテーション直前の舞台裏に迫る

LOUNGE MOVIE

MOVIE | 製品の誕生話でも伝記でもない

名監督と名脚本家が手を組み挑んだあのプレゼンの舞台裏

アップル社の共同設立者で、デジタルテクノロジーの常識を変えたスティーブ・ジョブズの素顔に迫る映画『スティーブ・ジョブズ』が、2月12日 (金) より全国で公開されている。

文/中村陽介

心をつかんだアイデアの秘密と知られざる父親の顔とは?

ジョブズ本人や家族、関係者への約3年にわたるインタビュー等をもとに執筆され、日本でも上下巻合わせて100万部を越えるベストセラーとなったウォルター・アイザックソンの同名著作を原案に描かれた本作。

物語は、ジョブズの生涯で最も波乱に満ちていたであろう1984年のMacintosh、Appleを追われて作った1988年のNeXT Cube、Appleに復帰して発表した1998年のiMacという重要な3つの局面のプレゼンテーション直前40分の舞台裏を巧みに捉え、ただ単に、iPodやiPhoneを世に送り出したジョブズの素晴らしさを描く伝記映画とは一線を画す。さらに、娘リサとの確執と和解というジョブズの知られざる父親としての顔にも迫っていることも見所のひとつだ。

jobs_01
jobs_03

監督は、『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル。脚本は、『ソーシャル・ネットワーク』を手がけた名脚本家アーロン・ソーキン。スティーブ・ジョブズを、『それでも夜は明ける』でアカデミー賞にノミネートされたマイケル・ファスベンダーが演じる。ファスベンダーは、ジョブズが潜在的に持つカリスマ性と不器用すぎる父親の両極を演じきり、ボイル監督に「恐るべき俳優だ」と言わしめた。

共演者には、初期のMacintoshでマーケティングマネージャーを務めたジョアンナ・ホフマン役のケイト・ウィンスレットをはじめ、アップルの共同創業者スティーブ・ウォズニアック役のセス・ローゲン。ジョブズをアップル社から退社に追いやったジョン・スカリー役のジェフ・ダニエルズが名を連ねる。

jobs_04
jobs_05

本作は、先日発表された第73回ゴールデン・グローブ賞で助演女優賞、脚本賞を受賞したほか、第69回英国アカデミー賞では、ケイト・ウィンスレットが助演女優賞を受賞。さらに、第88回アカデミー賞では、主演男優賞、助演女優賞にノミネートされた。

ジョブズの素顔に迫る映画『スティーブ・ジョブズ』は、全国公開中。

『スティーブ・ジョブズ』
2月12日(金)より全国公開中
監督|ダニー・ボイル
脚本|アーロン・ソーキン
出演|マイケル・ファスベンダー、ケイト・ウィンスレット、セス・ローゲン、ジェフ・ダニエルズほか
配給|東宝東和
2015年/アメリカ/原題『Steve Jobs』
http://stevejobsmovie.jp
(C)2015 Universal Studios