クリストフ・クラーレ|SIHH 2016 ジュネーブサロン速報|CHRISTOPHE CLARET

CHRISTOPHE CLARET|SIHH 2016 ジュネーブサロン速報

SIHH2016|ジュネーブサロン特集

CHRISTOPHE CLARET|クリストフ・クラーレ

機械式腕時計の限界と戦うクリストフ・クラーレ(1)

ジュネーブサロンに新に9つのブランドが加わったが、そのなかでもクリストフ・クラーレは創造を絶する複雑なメカニズムを開発し続けるブランドとして知られている。これまで男性に向けた複雑なモデルを数多く発表してきたが、2014年に初めて女性に向けた「マルゴ」を発表。今回はその第2弾「マルグリット」を披露した。

Text by KAWADA Akinori

すべてメカで動く贅沢な腕時計

前作「マルゴ」はケース2時位置のボタンを押すと、中央の花びらがアトランダムに隠れ、同時に花占いをしているかのように、相手の恋愛レベルが文字盤に表現されるというものだった。

前作「マルゴ」のプロモーションムービー

新作「マルグリット」では2時位置のボタンを押すという点は同じだが、その後の動作が少し異なる。時刻インデックスが消え、「彼は私を熱烈に愛している」というメッセージが表示される。そしてボタンから指を離すと、元の時刻インデックスに戻るのだ。インデックスの部分は、2つのディスクのモザイク加工を施した重ね合わせてあり、アッパーディスクは半透明で、ボタンを押すとかすかな角度で回転する。すると、重なり合ったモザイクのパターンの具合に応じて、メッセージが現れる。そしてボタンを押せば、ディスクの位置は元に戻り、そこにインデックスが現れるように、パターンの具合が工夫されているというわけだ。

tp1

「彼は私を熱烈に愛している」というメッセージを表示。

tp2

ボタンから手を離すと時刻を示す数字を表示。

このような複雑さを極めるメカニズムに加えて、装飾も女性らしい配慮がされている。細いアーム状をした時分針の先にセットされた蝶、ラグやベゼルのダイヤモンドなどロマンにあふれ、女性の心に訴えかける時計となっている。

1-2クリストフ・クラーレ|SIHH 2016 ジュネーブサロン速報|CHRISTOPHE CLARET

マルグリット
ケース|18Kホワイトゴールド、合計100個のダイヤモンド付き
直径|42.5mm
厚さ|12.07mm
ムーブメント|自動巻き(Cal.MT115)
機能|メッセージとインデックスの切り替え機能(回転ディスクによる)
ストラップ|アリゲーター
防水|3気圧
限定数|30本
発売時期|未定
予価|1300万円(税別)

Page02. イスラムの聖地が文字盤中央に出現する

問い合わせ先

ノーブルスタイリング

Tel.03-6277-1604

http://noblestyling.com/brand/christophe-claret/