最後の6気筒ボクスターに試乗|Porsche

最後の6気筒ボクスターに試乗|Porsche

CAR IMPRESSION

Porsche Boxster|ポルシェ ボクスター

最後の6気筒ボクスターに試乗

毎日乗っていたくなるスポーツカー

ポルシェ「911」と同様、環境性能向上のためにターボ化とダウンサイジング化が施される「ボクスター」。「718 ボクスター」の名で登場した新型のエンジンは2リッター4気筒ターボのため、現行モデルは、いわば最後の6気筒搭載モデルということになる。NAフラット6の真価を確かめるべく、モータージャーナリスト小川フミオ氏が、2.7リッター搭載のもっともベーシックな現行ボクスターに改めて試乗した。

Text by OGAWA FumioPhotographs by ARAKAWA Masayuki

スタンダードモデルはひとつの完成形

もっとも好感を持てるスポーツカーの1台。ポルシェの2人乗りオープンスポーツ、「ボクスター」は、つねに大きな魅力を持つ。軽快なハンドリングと、パワフルなエンジンと、美しいスタイリング。見事にバランスがとれている。最近では「ボクスター スパイダー」の導入など、豊富なラインナップを持つが、スタンダードモデルは、ひとつの完成形だ。

ボクスターとだけ名づけられたベーシックモデルは、2.7リッターの水平対向6気筒エンジンを搭載する。最高出力は195kW(265ps)、最大トルクは280Nm。上に位置する「ボクスターS」は、これに対して、3.2リッターエンジンで、232kW(315ps)、360Nmだ。数値で比較してしまうと、だいぶ差はある。

ボクスターは、では、しょせん単なるベーシックモデルなのか。というと、けっしてそんなことはない。十分(すぎるほど)楽しい。

Porsche Boxster|ポルシェ ボクスター
Porsche Boxster|ポルシェ ボクスター

ボクスターのデビューは1996年。ボディの大型化が進んでいた「911」に対して、シンプルなスタイリングと明快なパッケージングは斬新だった。魅力がより増したのはモデルチェンジを経てからだ。3代目になる現行ボクスターは、シャープな操縦性と、軽快なスタイルで、独自のキャラクターを確立している。まもなく4代目へのモデルチェンジを控えている。ポルシェの発表によると、現行の3代目が、6気筒搭載の最後のモデルになる。

6気筒エンジンを失うとしたら、じつ惜しい。操縦していると、つくづくそう思う。トップエンドまで軽快に回る上に、最大トルクが出る4,500から6,500rpmにかけてのバンドでの、アクセルペダルの動きに対する敏感な反応ぶりは、じつに素晴らしいからだ。重量1.35トンと軽量級であり、かつエンジンなどの重量物は車両の中央部分に集められている。ステアリングホイールの切り込みに対する車体の反応といい、軽やかなフットワークといい、新しい時代を確立した魅力は健在だ。

試乗したボクスターには、もうひとつ、秘密兵器があった。