エクストレイル、GT-Rはじめ日産各モデルに雪上で試乗|NISSAN

エクストレイル、GT-Rはじめ日産各モデルに雪上で試乗|NISSAN

CAR IMPRESSION

NISSAN|日産

エクストレイル、GT-Rはじめ日産各モデルに雪上で試乗

雪道でもっとも必要なのは自制心というオプション

フルラインナップメーカーである日産が、長野県・霧ヶ峰を舞台にまでさまざまなモデルを取り揃え、雪上試乗会を開催した。FRのスポーツカーから4WDのSUVまで、雪道でいかなる走りを見せるのか。モータージャーナリスト、小川フミオ氏によるショートインプレッションをお送りする。

Text by OGAWA FumioPhotographs by ARAKAWA Masayuki

雪山でもスタイリッシュなSUV──エクストレイル ハイブリッド

日産車を雪上で乗る機会にめぐまれた。2016年1月、場所は長野県・霧ヶ峰だ。日産自動車はフルラインナップを持つメーカーだけに、コンパクトカーからSUVまで、4輪駆動仕様を豊富に揃えている。それだけでなく、2輪駆動でもちゃんと走れることがわかる機会をくれた。

当初は、凍結した女神湖の上で運転する予定だったようだが、暖冬のあおりを受け、氷の厚みが足りなかった。コースは、近くのスキー場へと向かう山岳路を含む、一般の圧雪路へと変更。まず試したモデルは、「エクストレイル ハイブリッド20X」だ。

2015年5月に発売されたエクストレイル ハイブリッド。全長4,640mm、全高1,715mmのボディを持つ。SUVであるエクストレイルの派生車種で、2リッター4気筒ガソリンエンジンに電気モーターを組み合わせたハイブリッドシステムを搭載する。日産自動車のシステムは、「1モーター2クラッチ」。電気モーターのみの走行時はエンジンと駆動系をクラッチで切り離す。それによって燃費低減をはかるのだ。

NISSAN X-TRAIL HYBRID 20X

NISSAN X-TRAIL HYBRID 20X

NISSAN X-TRAIL HYBRID 20X

4WDシステムは、「オールモード4×4-i」と名づけられており、ドライバーは3つのモードが選択できる。前輪100パーセントから前後50対50までトルク配分を自動で変えていく「オートモード」、前後50対50に固定の「ロックモード」、そして高速道路など低負荷の路面用の「2WDモード」である。

エクストレイル・ハイブリッド20X(301万1,040円)に乗ったのは、女神湖周辺を出発し、スキー場のある霧ヶ峰へと至る山岳路である。夏は眼下に草原とその向こうに八ヶ岳の連峰が見える観光道路だ。冬は見晴らすかぎり真っ白。空の色と雲の形が変化をつけてくれるだけだ。そんな中でも安心してドライブをしなくてはいけない人たちのための技術が、4WDなのだ。

エクストレイル・ハイブリッドの印象は、きわめて安心できる、というものだ。ドライバーはなにかの操作にわずらわされることがない。ステアリングホイール、アクセルペダル、ブレーキペダル、これだけ意識をしていればいい。路面や降雪の変化など、気をつけていなくてはいけない要素が多い冬の道では、とても大事なことである。

NISSAN X-TRAIL HYBRID 20X
NISSAN X-TRAIL HYBRID 20X

エクストレイル・ハイブリッドには、CVT(無段変速機)やブレーキに電子制御を組み合わせて、コーナリングや乗り心地を最適化してくれる技術が搭載されている。このシステムの恩恵だろうか、雪道でのドライブでは、車両の姿勢制御も確実に行えた。

日産自動車とルノーのアライアンスの成果か、エクストレイルはフランスでもよく見かける。とりわけパリで見ると、じつにスタイリッシュだ。その印象は、雪山でも変わらない。かたちも機能も含めて、かっこいいSUVである。

雪上では、エクストレイル・ハイブリッドに加えて、なんと「GT-R」にも乗れた。