リシャール・ミル|SIHH 2016 ジュネーブサロン速報|RICHARD MILLE

RICHARD MILLE|SIHH 2016 ジュネーブサロン速報

SIHH2016|ジュネーブサロン特集

RICHARD MILLE|リシャール・ミル

先端の技術を極めながら、さらなるラグジュアリーを追求(1)

時計のF1を目指すと標榜してきたリシャール・ミルは、その先端を行く時計作りにより、新しいラグジュアリーのスタイルを確立している。今回も、これまでのスポーツ関係とは異なるコラボレーションを行うなど、新しい試みにチャレンジしている。

文/河田昭則

新しいコラボでも先端技術を追い求める

近年のリシャール・ミルは、テニスのラファエル・ナダル、ゴルフのバッバ・ワトソン、F1のロマン・グロージャンなど、多くのスポーツ選手とのコラボレーションを成功させてきた。技術を極めつつ、他では使用しない先端的素材の採用などによって、独自のラグジュアリー性と世界観を構築してきた。

2016年のSIHHでは、新しいコラボレーションのパートナーとして、ラグジュアリーなコーポレートジェット(ビジネスジェット)を製造するACJ(エアバス コーポレート ジェット)とのコラボレーションモデルが発表された。そこでも、リシャール・ミルらしい先端素材や技術が投入され、独特のスタイルが生み出された。

そして、超薄型のモデルと同時に、驚くべき機構を仕組んだ万年筆まで登場。時計ブランドというだけでなく、ラグジュアリーブランドへの脱皮を志しているようにも見え、今後にも期待したくなる。

215_1-7

ラグジュアリージェットの世界観を表現

ACJは企業向けのプライベートジェットを製造する部門であり、エアバス社のジェット機をベースに快適な空間に機内を仕立てあげ、絶品の空の旅を提供する。この時計のイメージは、そんな優美な航空機の窓をイメージしてデザインされた。プレート状の特殊合金ATZ®ホワイトのベゼルが美しい仕上がりだ。

215_1-7
215_1-7

ミドルケースやケースバックのチタン・アルミ合金はジェットエンジンのタービンブレードと同じ組成となっている。ベゼルを留めるビスは、いつものリシャール・ミルの特製品ではなく、航空宇宙産業メーカーで用いられている特殊なビスで留めている。さらに、ムーブメントのパーツには、航空機のエンジンやボディを腐食から守るのと同じコーティングが施される。航空機と同じ素材や技術を用いて、内外ともに信頼性を高めているのだ。

文字盤は、サファイアクリスタルによるシースルー仕様。目盛りなどをカラフルに彩り、メーター類を想起させる。豪華なジェット機の世界観を巧みに表現するコンプリケーションは、リシャール・ミルに新しい地平を開きそうだ。

215_1-7

RM 50-02 ACJ トゥールビヨン スプリットセコンド クロノグラフ
ケース|チタン・アルミニウム合金、ATZ®ホワイトベゼル
サイズ|縦50.1×横42.7mm
厚さ|16.5mm
ムーブメント|手巻き(Cal.RM50-02)
機能|トゥールビヨン、スプリットセコンドクロノグラフ(60分積算計)、パワーリザーブインジケーター、トルクインジケーター、ファンクションインジケーター
ストラップ|ラバー
防水|50m
限定数|30本(ブティック限定)
発売時期|2016年 年内予定
予価|1億3120万円(税別)

Page02. 最薄のリシャール・ミル、トノーモデル

問い合わせ先

リシャールミルジャパン

Tel. 03-5807-8162

http://www.richardmille.jp/