ジャガーとランドローバー各モデルに雪上で試乗|Jaguar & Land Rover

ジャガーとランドローバー各モデルに雪上で試乗|Jaguar & Land Rover

Land Rover Range Rover Sport

CAR IMPRESSION

Land Rover Range Rover Sport|ランドローバー レンジローバー スポーツ

Land Rover Discovery|ランドローバー ディスカバリー

Jaguar F Type R AWD|ジャガーFタイプ R AWD

Jaguar XE|ジャガー XE

四季を通じて付き合えるクルマ

ジャガー・ランドローバー・ジャパンが長野県で開催した雪上試乗会に、各モデルの雪上での走行性能を確かめるべく、小川フミオ氏が参加。レンジローバー スポーツ、ディスカバリー、ジャガー Fタイプ、同XEの4台に試乗した。

Text by OGAWA FumioPhotographs by ARAKAWA Masayuki

オンオフを問わない高い走行性能──レンジローバー スポーツ

レンジローバーは、本格的にオフロードが走れる高級車だ。その事実を改めて理解できたのは、冬の長野で雪上ドライブをしたからだ。広い室内と、レザーシートやウッドパネルなど、動く高級ホテルのようだが、実は機能的にたいへん優れたモデルである。

乗ったモデルは、「レンジローバー スポーツ」とランドローバー「ディスカバリー」。それに特設コースの一部では、同じグループに属する、ジャガー「XE」と、最新のジャガー「FタイプR AWDクーペ」である。雪上で?とにわかに信じられないラインナップが加わった。

レンジローバー スポーツは、現在2代目だ。2013年秋に日本発売が開始された。レンジローバーとの違いは、ひとつにはコンパクトさにある。リアオーバーハング(後輪から後ろの車体)が短い。数値でみても、全長で150mm短く、全高で65mm低い。

Land Rover Range Rover Sport|ランドローバー レンジローバー スポーツ

Land Rover Range Rover Sport

Land Rover Range Rover Sport|ランドローバー レンジローバー スポーツ

この2代目は、従来型に対して、よりシャシーが軽量かつ堅牢になっている。ダイレクト感を増したパワーステアリング、連続可変ダンパーを持つ前後エアサスペンション、オンロード走行時は後輪に少し多めの58パーセントのトルクを配分するなど、走りのよさを喧伝するモデルだ。

ラインナップは、エンジンを中心にみると、大きく3つ。250kW(350ps)の最高出力を持つ3リッターV6搭載モデル、375kW(510ps)の5リッターV8搭載モデル、そして15年秋に追加された405kW(550ps)の超ド級「SVR」となる。どれもそれなりにキャラクターがたっていて、V6モデルは鼻先が軽くて軽快だし、V8モデルはトルキーで高速が快適、そしてSVRはスポーツカーのようなハンドリングを特徴としている。

黒部ダムに近く、北アルプスや白馬連峰に臨む山道で、「レンジローバー スポーツ オートバイオグラフィ」というV8搭載モデルに乗った。白い世界の中に白い車体色の組み合わせが、ゲレンデで白いスキーウェアが映えるのと同様、しゃれた雰囲気をかもしだしていた。

Land Rover Range Rover Sport|ランドローバー レンジローバー スポーツ
s__Q5R0078

625Nmの大トルクを2500rpmから発生するゆえ、微少な領域での力のコントロールがやりやすいというメリットをまず感じた。21インチの大径ホイールにはウィンタータイヤが組み合わされており、圧雪が中心で、一部凍結のある路面でも絶大な安心感。荒れた路面を走ったときは、ステアリングホイールへの衝撃はうまく緩和されていて、情報だけが手に伝わってくる。とても上質なフィーリングだ。

レンジローバー スポーツは、オンロードでの操縦性に優れるが、オフロードの走破性の高さもやはり優秀だ。「ダイナミックモード付きテレインレスポンス2」と呼ばれる自動車高調整システムがエアサスペンションと組み合わされており、V8モデルには標準で備わる。オートを選択すれば、オンロードでは車高を自動的に下げ、オフロードでは上げてくれる。

レンジローバー スポーツのオンロードにおける敏捷性を経験していると、凹凸や急勾配のオフロードで大丈夫かなと懸念が出てくるが、はたして、勾配がきつくても、下りのときに先端部が地面にひっかかったり、上りではオシリを擦ったりすることはない。4輪のうち1輪だけ接地していれば、四輪駆動システムが自動でトルクを配分し、確実に車両を前に進めていくのだ。

ディスカバリーも、また、すぐれた乗り物だった。