list|FPM 田中知之がファッションをリミックス? あらたなファッションのプラットフォーム「list」誕生

list|FPM 田中知之がファッションをリミックス? あらたなファッションのプラットフォーム「list」誕生

FASHION DESIGNER'S FILE

list|リストFPMこと、田中知之がファッションをリミックス?

うあらたなファッションのプラットフォーム「list」誕生(1)

世界的に活躍する、FPMこと田中知之、デニムブランド「FULLCOUNT(フルカウント)」デザイナーの辻田幹晴、日本屈指のヴィンテージディーラーである出村淳也という3人の“ファウンダー”によるファッションブランド「list(リスト)」が、この春夏シーズンよりスタートした。まったく異なる背景をもつ3人が、文化的遺産ともいえるヴィンテージウェアを再解釈。これまでにない“ストーリーのあるファッション”を提案する。そのこだわりのモノ作りについて、3人を代表して田中知之氏に話を聞いた。

Text by FUJITA Mayu(OPENERS)Photographs by TAKADA Midzuho

rumors|通販サイトへ

過去の価値感を“いま”に置き換える、まるでDJのようなモノ作り

――「list」とはどういったブランドでしょう?

数あるファッションブランドのなかでも、「list」にしかないおもしろさといったら、膨大なヴィンテージのアーカイブのなかからデザインソースを選び出し、現代的に再解釈している点でしょう。ただヴィンテージのデザインをそのまま復刻するだけならこれまでにも数多く提案されてきたと思いますが、僕らはデザインを現代的に再構築し、さらにソースとなったヴィンテージアイテムの時代背景やデザインの意味まで伝える、“うんちく”のあるモノ作りにこだわっています。ただファッションとしてかっこいいというだけでなく、デザインやモチーフの背景にあるストーリーまでデザインのひとつなんです。

list|リスト FPM 田中知之 02

――なぜこの3人だったのでしょう?

もともとデニムブランド「フルカウント」の辻田幹晴さんと僕は旧知の仲なんですが、去年の夏頃に「フルカウント」のスペシャルラインの制作のお手伝いをさせてもらうことになったんです。その企画段階で、お互いヴィンテージ好きが高じて話がだんだん大きくなり、「フルカウント」の別ラインという枠では収まりきらず、まったく別のブランド「List」を立ち上げることになったんです。出村淳也さんは富山にある「Hayabusa Cat Clother(ハヤブサ キャット クローザー)」というハイエンドなヴィンテージウェアを扱うディーラーなんですが、田中凛太郎さんが主催する、ロサンゼルスでおこなわれるヴィンテージウェアのイベントで知り合いました。よくよく話を聞いたらおなじ京都の、しかも後輩で(笑)。

僕も辻田さんもヴィンテージについてある程度知識はあるものの、より深い知識をもつ出村さんが参加してくれればデザインの幅も広がるし、厚みも増す。3人だったらおもしろい化学変化が起きるのでは、と思ったんです。でも彼はヴィンテージ一筋でやってきた男ですから、あたらしいモノ作りには興味ないかなって思ってたんですけど、意外にも、じつはずっと興味があったと快く受けてくれて。こうして3人ではじめることになったんです。

list|リスト 03

MILOS
価格|7245円

美の象徴として名高い彫刻、ミロのヴィーナス。宇宙空間でもっとも美しい数値だと考えられる黄金比によるバランスで作られており、両腕を失った不完全な状態で発見されたにも関わらず、その美しさに人びとは魅了される。これまで欠けた両腕を復元しようと古今東西のアーティストや学者が試みているが、正解を導いた者はいない。いまなお発見されていないヴィーナスの断片を探し出す、あるいは想像することと、「list」がおこなうクリエイトは通じることがある、と考え、ミロのヴィーナスをブランドのアイコンに起用。ファーストシーズンとなる今季は、このブランドアイコンをフィーチャーしたアイテムを多数制作している。

――自分たちのことを“デザイナー”ではなく“ファンダー”と称する理由は?

“ファウンダー”とは、いわゆる会社の設立者って意味ですよね。でも“ファウンド=物を見つける”の意味もあるなっておもったんです。たとえばサンプリングする元ネタを見つけることもファウンドだし、おもしろいコラボレーターを見つけることもそう。クリエイトするって、見つけることからはじまると思うんです。僕の場合、DJという音楽活動がまさにそれで、過去の音源のなかからいまの気分に合う楽曲を見つけるのもそうですし、過去の音源の一節をサンプリングすることで現代的な音楽に置き換えたり。たとえば1920年代の音源と70年代の音源を2012年のテクノやハウスに落とし込んで、お客さんにとって新鮮な“いま”の音楽として楽しんでもらう、とか。過去の財産ともいうべきデザインや価値観を現代風に置き換える「list」のモノ作りは、音楽でトライしているクリエイトの考え方や方法と基本的には変わらないんです。

――DJがあらゆる年代の音楽を知っているように、デザインも知識が多ければ多いほど広がりがありますよね。

サンプリングソースを見つけてくる先であったり、入手の方法だったり、出村さんは僕らよりもはるかに多くを見てきたぶん、そういう部分で断然強い。また辻田さんはアメカジブランドを20年間やってきたなかで培ったテクニックや生産背景があったり。「list」というひとつのプラットフォームで、それぞれがアイデアを出し合って、ブランドとしてモノをクリエイトしていく、それが「List」なんです。

list|リスト 04