2016年秋冬「ロンドンコレクション」リポート(2)|JOHN LOBB

JOHN LOBB|2016秋冬「ロンドンコレクション」リポート(2)

JOHN LOBB LONDON COLLECTION

JOHN LOBB|ジョンロブ

2016年秋冬「ロンドンコレクション」リポート(2)

注目の新作が揃った、レディ・トゥ・ウェア(1)

クリエイティブ・ディレクターのパウラ・ジェルバーゼが初めてビスポークを手がけた「アルティザンシリーズ」が注目を集める中、2016年秋冬「ロンドンコレクション」ではレディ・トゥ・ウェアも発表された。美しいだけではなく、靴としての機能をさらに高めたという新作と、それを可能にした「ジョンロブ」の新しい技術を紹介する。

Photographs by FUJIWARA YuText by ITO Yuji

キーモデルとなるのは「アルダー」

英国にある湿地帯、ダートムーアにインスパイアされた今季のコレクションを象徴するモデル、それが「アルダー」だ。外見上はチャッカブーツとマウンテンブーツをミックスしたような風貌だが、スマートなトゥの作りは「ジョンロブ」らしいドレス感が漂う仕上がりとなっている。コアコレクションとして定番のドレスシューズを展開しつつも、シーズナブルコレクションで「アルダー」が発表されたのは、実に興味深い。

JOHN LOBB|ジョンロブ02

というのも、ここ数年、メンズファッションにおいてスポーティや軽快感といったテイストが注目されているからである。その方向性に対する「ジョンロブ」ならではのひとつの回答、それが「アルダー」が持つ意味でもあるのだ。しかし、そのデザインはトレンドに迎合するために作られたものではない。あくまでも「ジョンロブ」の新しい顧客たちに向けられたものである。

考えてみれば、ワードローブにおいてはドレスアップのための服があり、一方で休日を過ごすためのカジュアルな服もある。それらのすべてのシーンにふさわしい靴を「ジョンロブ」は用意しているのだ。

JOHN LOBB|ジョンロブ02

見かけ倒しではない、作り込まれた機能性

新作の「アルダー」は、新しいラバーソールとしてコレクションで登場した「バルモラル」シリーズにあたる。素材はミュージアムカーフにウォータープルーフ加工を施し、さらに細かな型押しをあしらったキャビアグレインとスムースレザーのコンビシューズとなっているものの、その違いはさり気なく、アンダーステイトメントの範疇に収められている。

またバルモラルのラインに沿って細かなギンピングが縁取りされており、タンの部分は防水性を高めるために靴と一体化されている。このことからも「アルダー」が耐久性にこだわって作られていることがうかがえる。さらに外見上大きく目を引くパラジウム製のレースフックとアイレット、はき口部分のクッションといったディテールは、1940年代にビスポークで作られたスキーブーツにインスパイアされたものだという。

JOHN LOBB|ジョンロブ02

現代的な服に似合うデザイン性だけではなく、随所に「ジョンロブ」らしい技術と素材に対するこだわりが注がれた「アルダー」は、次なる秋冬シーズンにおけるマストアイテムとして、足元に洗練されたイメージをもたらしてくれるだろう。

Page02. 6カ月を費やして開発された「テンシル・コンストラクション」とは?

問い合わせ先

ジョン ロブ ジャパン

Tel. 03-6267-6010

http://www.johnlobb.com/jp