ヴァシュロン・コンスタンタン|SIHH 2016 ジュネーブサロン速報|VACHERON CONSTANTIN

VACHERON CONSTANTIN|SIHH 2016 ジュネーブサロン速報

SIHH2016|ジュネーブサロン特集

VACHERON CONSTANTIN|ヴァシュロン・コンスタンタン

ラグジュアリースポーツの原点「オーヴァーシーズ」(1)

2015年に創業260年に到達したヴァシュロン・コンスタンタン。15年末に登場した“史上最も複雑な時計”が展示され、ブースが賑わう中、ブランドのアイデンティティを体現するラグジュアリースポーツ「オーヴァーシーズ」を全面的にリニューアルした。

Text by KAWADA Akinori

伝統と最新が交錯した新しい歴史の幕開け

2015年が創業260年の記念の年ならば、2016年は新しい歩みの第一歩。世界最古級のブランド、ヴァシュロン・コンスタンタンのブースを訪れた人は、そんな思いにとらわれたのではないだろうか。

ヴァシュロン・コンスタンタンのブースを訪れると、最初に目につくのが、2015年に登場した“史上最も複雑な時計”「リファレンス57260」だ(時計の詳細はこちら)。この時計は、新開発の技術も多数搭載するが、言わば、260年にわたるジュネーブのキャビノティエの培った伝統の集大成と言っていい。

そして、新しい歴史の開幕を伝える役割は、ヴァシュロン・コンスタンタンでは、比較的若いコレクションが負うことになった。ラグジュアリースポーツモデル「オーヴァーシーズ」の全面リニューアルである。

新型キャリバーを搭載

1970年代は、高級メゾンによるスチール製ラグジュアリースポーツが数多く登場した年代であり、ヴァシュロン・コンスタンタンの「オーヴァーシーズ」の原点となる「222」も初出は1977年だった。以来、マルタ十字のモチーフをデザインに取り入れるなど進化を繰り返しながら今日に至っている。最もベーシックなメンズの「オーヴァーシーズ」を確認すると、優れた老舗ブランドの新作は、決して基本をおろそかにすることがないことがわかる。

新しく開発された自動巻きムーブメント、キャリバー5100は、非常に優れた3針ムーブメントである。ゼンマイを格納する香箱を2つ装備し、パワーリザーブは60時間を確保する。土日に時計を外していても、月曜朝でも稼働し続けるぐらいのパワーリザーブを確保し、実用性に優れる。自動巻きの回転ローターは22金製で、高密度のため、巻き上げのエネルギー効率に優れている。

しかも、このローターが美しいだけでなく、ムーブメント全体が、ジュネーブの伝統を受け継ぐ装飾をまとっている。もちろんジュネーブ州法に定められた時計の品質基準であるジュネーブ・シールの認証を受けている。ジュネーブ・シールは2012年に基準が厳格化された上に、精度基準も課せられるようになった。その新しい基準を満たしているのだから、流石にジュネーブに一貫して本拠を置く最古のマニュファクチュールである。

ケースは軟鉄製のインナーリングを採用したことによって耐磁性に加えて、シースルーバック化も実現。そして、ストラップはステンレス製のブレスだけでなく、文字盤に合わせたカラーのラバーストラップとアリゲーターストラップが付属し、独自のインターチェンジャブル・システムにより、交換も容易に行える。またこのシステムによって、ブレスレットを最長4mm伸ばすことも可能となった。

レディースの宝飾仕様で、9時位置にスモールセコンドを配した「オーヴァーシーズ・スモールモデル」もキャリバー5300を搭載するなど、同様の技術的諸元を持つようリニューアルされた。

男女揃って、新しい「オーヴァーシーズ」を腕に同じ時を過ごしたい。そんな風に思えるニューモデルである。

215_02

オーヴァーシーズ
ケース|ステンレススチール
直径|41mm
厚さ|11.0mm
ムーブメント│自動巻き(Cal.5100)
機能|日付表示
防水│15気圧
ブレスレット│ステンレススチール(ラバーストラップとアリゲーターストラップ、ストラップ相互換装が可能なフォールディングクラスプ付属)
発売時期│2016年6月予定
予価|267万3000円

215_02

オーヴァーシーズ・スモールモデル
ケース|ステンレススチール、ベゼルに84個のダイヤモンドをセット
直径|37mm
厚さ|10.8mm
ムーブメント│自動巻き(Cal.5300)
機能|スモールセコンド
防水│15気圧
ストラップ│ステンレススチール(ラバーストラップとアリゲーターストラップ、ストラップ相互換装が可能なフォールディングクラスプ付属)
発売時期│2016年6月予定
予価│310万円

Page02. 現在の技術的水準を超えるクロノグラフ