2016年秋冬「ロンドンコレクション」リポート|JOHN LOBB

JOHN LOBB|2016年秋冬「ロンドンコレクション」リポート

JOHN LOBB LONDON COLLECTION

JOHN LOBB|ジョンロブ

2016年秋冬「ロンドンコレクション」リポート

ジョンロブが拓く、美しい靴の新境地(1)

昨年、アーティスティック・ディレクターにパウラ・ジェルバーゼを迎えた「JOHN LOBB(ジョンロブ)」が、今季もロンドンコレクションにて新作を発表した。イングランド南部に広がる湿地帯、ダートムーアからインスピレーションを受けたというコレクションでは、どのような美しい靴が展示されていたのか。その模様をリポートする。

Photographs by FUJIWARA YuText by ITO Yuji

ダートムーアの湿原をオブジェで会場に再現

ブランドのロゴを変え、シーズナルコレクションにアートピースのような美しさをもたらしたことで「ジョンロブ」の新たな魅力を開花させた、パウラ・ジェルバーゼ。彼女の次なる挑戦となった2016年秋冬のロンドンコレクションは、ブランドのルーツに捧げられたオマージュともいうべき要素に満ちていた。

そのルーツとはもちろん、創業者であるジョン・ロブの故郷、コーンウォールからロンドンへの旅である。その旅の途中にあった町がイングランドのデボン州南部に広がる湿地帯、ダートムーアだ。英国の国立公園として保護されているこの地域は花崗岩で覆われた高地であり、原始的な自然に満ちた場所として知られている。

JOHN LOBB|ジョンロブ02

その風景や自然にインスピレーションを受けたという2016年秋冬の展示会場は、入口に岩をモチーフにしたオブジェが展示され、そこには昨年一新されたブランドのロゴが刻まれていた。会場へと続く通路は暗く、嵐の風切り音がBGMとして流れており、あたかもジョン・ロブの旅の一部を体験したかのような錯覚を覚えさせる。

JOHN LOBB|ジョンロブ02

新しい技術によって表現された、機能という美しさ

JOHN LOBB|ジョンロブ02

暗闇の嵐を抜け、会場へとたどり着くと今シーズンの新作となる靴たちは、ダートムーアの風景を再現した岩の上に飾られていた。当然のことながら、それらはこれまでにないデザインの靴であり、それらのひとつひとつを間近に眺めたくなるような美しさと存在感で来場者たちを惹きつける。

今季のコンセプトについて、パウラ・ジェルバーゼは「美しさのためのデザインではなく、動きやすさや強度、はき心地といった本来、靴がもつべき機能を構造から見直すことからはじまりました。そのためにジョンロブならではの厳選された美しい素材をどう活かすのかを考えた結果、デザインはシンプルなものに行き着いたのです。けれども新しい技術によって、ディテールにこだわるブランドのアイデンティティを表現しました」と話す。

page02. パウラ・ジェルバーゼ初のビスポークコレクションを展開

問い合わせ先

ジョン ロブ ジャパン

Tel. 03-6267-6010

http://www.johnlobb.com/jp