価値ある時を愉しむ|SEIKO

SEIKO|価値ある時を愉しむ

WATCH&JEWELRY FEATURES

SEIKO|セイコー

プロスペックス ダイバースキューバ トランスオーシャン

価値ある時を愉しむ(1)

2016年1月にデビューしたセイコー プロスペックス ダイバースキューバの新シリーズ、「TRANSOCEAN(トランスオーシャン)」。本格ダイバーズウオッチとしての機能とスタイリッシュかつスマートなデザインを併せ持った逸品は、本当の価値を知り、そして自分の時間を楽しむことができる男にこそ似合う。

Photographs by KATAGIRI Shiro(TROLLEY)、KISHIDA KatsunoriHair & Make-up by ITOH SatoshiStyling by IKEDA NaokiText by COE Seikoh(POW-DER)撮影協力:the SOHO

実用性と男のスタイル

ビジネスにおいて腕時計は正確な時刻を知るために必要不可欠な道具であると同時に個性や仕事の技量をアピールする小道具でもある。だからこそ腕時計選びは大切で難しいものだ。そこでこのトランスオーシャンをお薦めしよう。

そもそもダイバーズウォッチは、水中で活動するダイバーの安全に直接かかわるため、苛酷な環境下でも正確に時を刻み続けるための防水性や耐衝撃性、暗い海中でも認識できる高い視認性など、さまざまな要件を満たすことが要求される。そんなダイバーズウォッチならではの優れた機能を備えたトランスオーシャンは、都会のビジネスシーンでは十分過ぎるスペックだ。

さらに、既存のダイバーズウォッチにありがちな無骨なイメージを払拭した、トランスオーシャンのスマートなデザインも魅力だ。スタイリッシュなフォルムは従来のスポーツシーンだけでなく、きちっとスーツを着こなしたビジネスシーンや、ちょっとリラックスしたジャケパンスタイルにも似合う。

機能的でありながら現代的なデザインを取り入れた腕時計、すなわちトランスオーシャンを手首にはめ、仕事(=日常)もプライベート(=非日常)もスマートにこなすのが、大人の男の正しいスタイルといえる。

1-1*

ライフスタイルデザインをまとう

2-1

ビジネスマンの“日常”にもさまざまなシーンが存在する。例えばクラシックなスーツに身を固め、上司や同僚との会議やクライアントへのプレゼンに挑まなければいけない。あるいはアフターファイブにはレセプションやパーティに出席することも、デキるビジネスマンの“日常”であるのは間違いない。そんな多忙なビジネスマンが遭遇するシーンで、このトランスオーシャンがさりげなく効果を発揮する。

2-3-

ビジネスシーンに敢えてダイバーズウォッチを選んだことで、まずはアクティブなパーソナルキャラクターを強調。そして、200m防水という苛酷な条件下でも正確に時を刻む信頼性を重視した選択は、堅実で真摯な人柄を印象付ける。しかもトランスオーシャンの特徴である都会的なデザインを、ネイビージャケットをベースにしたマリンテイストのスタイルにコーディネートしたことで、センスの良さをさりげなくアピールすることができるのだ。

トランスオーシャンのフィロソフィーは、自身のライフスタイルをデザインすること。この機能的でスタイリッシュなダイバーズウォッチで、ビジネスシーンを充実、かつ楽しんでいただきたい。

Page02. リゾートを満喫する腕時計