2016年版ピレリカレンダーが登場|Pirelli

2016年ピレリカレンダーが登場|Pirelli

CAR NEWS

Pirelli|ピレリ

2016年版ピレリカレンダーが登場

際だった女性たちの、あるがままの姿

イタリアのタイヤメーカー、ピレリは年末恒例となるカレンダーについての発表をおこなった。43回めとなる今年は、アニー・リーボヴィッツを起用。これまでのセクシー路線とはことなり、さまざまな方面で活躍する女性たちの自然な姿を捉えたものになった。

Text by OGAWA Fumio

過去の路線との決別

2016年のピレリカレンダーが発表された。ひとつのアートとして認められるのが、ピレリカレンダーの特徴だ。その理由は、写真のクオリティ。今回、写真家にはアニー・リーボヴィッツを起用。「社会的、文化的、そしてスポーツやアートの世界で、きわだった業績を残した13人の女性」(ピレリ)が被写体になった。発表会は、さる2015年11月末日のロンドンで行われた。

ピレリと聞くと、そもそも、なにを思い浮かべるだろうか。F1とかイタリアのスポーツカーという人は、言うまでもなく、クルマ好き。ミラノに本社を置くピレリは、1872年創業。1890年から乗り物のタイヤを手がけてきたからだ。ジオ・ポンティに設計を依頼したミラノのピレリビル、という人は建築好きの技術志向。そして、ピレリカレンダーという人は、アート好きで、そして女性好き、のはず。

ピレリカレンダーは、1964年版から2016年版にいたるまで、43回発行されてきた。写真家も有名どころを起用して、被写体は美女、というケースが多い。たとえば、94年はハーブ・リッツがバハマのパラダイス島で、シンディ・クロフォードやケイト・モスを撮影している。

Pirelli Calendar 2016|ピレリ カレンダー 2016

ガラディナーの司会を務めた俳優のケイト・ブランシェット

Pirelli Calendar 2016|ピレリ カレンダー 2016

イタリア・インデペンデントのラポ・エルカンと、ピレリのマルコ・トロンケッティ・プロヴェラCEO

95年はリチャード・アベドンがニューヨークで被写体にしたのは、ナオミ・キャンベルやクリスティ・ターリントンら。96年のピーター・リンドバーグは、カリフォルニア州エルミラージを舞台に、ナスターシャ・キンスキやエヴァ・ハーツィゴヴァを撮影した。

どのケースにも共通するのは、女性のセクシーさを独自の視点でとらえ、表現している点だ。口の悪いメディアは、自動車修理工場向き(部品メーカーなどはヌードカレンダーをノベルティで配ってきた“伝統”がある)と揶揄していたほどだ。しかし、2016年は大きく変わった。

「ピレリの担当者が私に連絡してきた時、彼らは過去と決別したいと話してくれました。そのとき、女性は女性でも、際だった女性の写真というアイディアが提案されました。クライアントと私が合意した後は、あっというまに物事が進みました。私が表現したかったのは、あるがままの女性たち。作為を入れずに撮ろうと思いました」

アニー・リーボヴィッツは、かつて2000年にヌードの連作をピレリカレンダーのために撮ったことがある。しかし今回は、まったく違うアプローチを採用したと語るのだった。