トヨタ86 GRMNに試乗|TOYOTA

トヨタ86 GRMNに試乗|TOYOTA

CAR IMPRESSION

TOYOTA 86 GRMN|トヨタ86 GRMN

トヨタ86 GRMNに試乗

ニュルブルクリング24時間耐久レースのノウハウが満載

トヨタ自動車が「86」をベースに、ドイツのニュルブルクリング24時間耐久レースをはじめとするレース活動で得られたノウハウを注ぎ込んで開発した「86 GRMN」。648万円のプライスタグが下げられ、100台限定で販売されるという注目の同モデルに、モータージャーナリスト小川フミオ氏がさっそく試乗した。

Text & Photographs by OGAWA Fumio

開発の舞台はニュルブルクリンク

「スポーツドライビングの楽しさを存分に味わうことのできる」(トヨタ自動車)と謳われるスペシャル、トヨタ「86 GRMN」が発売される。エンジン、変速機、サスペンションシステム、ブレーキ、さらに車体まで手を入れられ、「こんなバーゲンプライスはない」と関係者が言うモデルだ。100台限定で、2016年1月4日から同月22日まで申し込みを受け付ける。

GRMNというアルファベット4文字は、モータースポーツ好きや、トヨタ自動車のスポーツモデルに関心を持ってきた人なら先刻おなじみだろう。最初の2文字は、トヨタ車を使ってレーシング活動を展開しているGazoo Racingを意味している。

TOYOTA 86 GRMN|トヨタ86 GRMN
TOYOTA 86 GRMN|トヨタ86 GRMN

後の2文字は、メーカー自身が詳細な解説を避けているが、(tuned by) Mein Stern (of Nürburgring)。4つのアルファベットで、ドイツのニュルブルクリング24時間耐久レースに参戦してきたトヨタ自動車/Gazoo Racingのノウハウを採り入れてチューニングされていることを示唆している。「ニュルブルクリンクを舞台に、「クルマの味づくり」を続けているGAZOO Racing。その活動の中で、企画・開発、そして味付けされたコンプリートカーブランド」がGRMNなのだ。

外観からして、ひと味もふた味も違う。カーボンファイバー製のボンネットがフロントを特徴づけ、リアには大きなウィングがそびえ立つ。内装は、赤と黒のコンビネーションが目を惹く。カラースキームにとどまらず、アルカンタラ張りのスポーツシートに、ステアリングホイールも同様。身を落ち着けると、サーキットとの関連性が強く謳われるのがわかる。着座位置もじつは低い。