新型レクサス LX570に試乗|LEXUS

新型レクサス LX570に試乗|LEXUS

CAR IMPRESSION

LEXUS LX570|レクサス LX570

新型レクサス LX570に試乗

あらゆるニーズをカバーする、圧倒的なクルマ

これまで、レクサスのSUVモデルにおけるフラッグシップとして、北米をはじめとする海外市場で販売されていた「LX」。その最新型である570LXが、2015年8月に日本にも導入された。レクサスの手になる全長5メートル、全幅1.9メートルの大型高級SUVは、いったいどんなモデルに仕上げられているのか。モータージャーナリストの小川フミオ氏によるインプレッションをお届けする。

Text by OGAWA FumioPhotographs by ARAKAWA Masayuki

最大級のレクサス

2015年9月に発売されて、いらい話題のレクサス「LX570」。どう定義すればいいだろう。クロスカントリーの王者か。それとも高級SUVの頂点か。4WDカントリーとも呼ばれる、米国、中近東、ロシアなどで先行発売されて人気を呼んでいるという。日本の路上でも、かなりの存在感だ。

LX570は、最大級のレクサスだ。全長5065mmで、全高1910mm。街で見かけると小山のように大きい。ボンネットの下のエンジンも負けていない。5.7リッターV型8気筒。さらに、ペリメーターフレームを備えたボディ構造をはじめ、オフロード性能も本格的だ。メルセデス・ベンツ「Gクラス」の強力なライバル出現といっていいだろうか。

LEXUS LX570|レクサス LX570
LEXUS LX570|レクサス LX570

巨大と表現したくなるスピンドルグリルが迫力を醸し出している。レクサス一族に共通のスタイリッシュさというより、無骨な迫力。ワークブーツやバッファロープレイドのウールシャツのように、合目的的に作られた男ウケする魅力がある。

「世界中の苛酷な大地」とこのクルマが活躍する舞台を、レクサスのホームページでは定義している。V8エンジンは534Nmの大トルクを3200rpmで発生。フルタイム4WDシステムと8段オートマチック変速機が組み合わされている。かつ、アプローチアングルは25度、デパーチャーアングルは20度。最大渡河性能は700mm。最大安定傾斜角は44度。最大登坂能力は45度という。LX570の迫力には内容がともなっている。

レクサスLX570は、いっぽうで、「SUVのラグジュアリーの究極」とも謳われる。内装は、フルレザー張りのシートを備え、ウッドとクロームに覆われた贅沢さが際立つ。かつてレンジローバーが砂漠のロールスロイスと謳われたとか。砂漠では、オフロード性能と、オアシスのような室内空間こそ、まことに贅をつくした組み合わせなのだろう。それと近いものがあるかもしれない。

大径21インチタイヤも勇ましいこのクロスカントリー型4WD。市街地ではどんな走りなのだろう。