kolor|デザイナー 阿部潤一インタビュー

kolor|デザイナー 阿部潤一インタビュー

FASHION DESIGNER'S FILE

kolor|カラー

デザイナー 阿部潤一インタビュー(1)

パリのランウェイショーを終えて

今年1月18日からはじまった2012-13年秋冬パリメンズコレクションの期間中、ブランド設立から8年目にしてはじめてランウェイ形式のショーを発表したkolor(カラー)。会場となったパリ・ESPACE COMMINESは、kolor南青山のショップをイメージしたブルーの絨毯が敷きつめられ、ピラミッド型の客席から招待客が熱いまなざしを送った。阿部さんへのインタビューは、2009年春夏シーズン以来となる。

Text by KAJII Makoto (OPENERS)Interview Photographs by SUZUKI KentaCollection Photographs by TAKAGI Masaya

カラーをよりわかりやすく伝えるためにショーがある

――やはりまずランウェイショーの手応えからうかがいます。

正直、本当の評価はわからないですね。反省点はもちろんありますが、僕らなりに、仕事としてやるべきことはやったという感じです。

――ショーを開催したきっかけは?

僕たちはランウェイショーをやっていないことにとくに不満はありませんでした。毎シーズンおこなっているパリの展示会場のギャラリーも気に入っていて、その空間もふくめてカラーのイメージを伝えているとおもっていました。

2シーズン前からインターナショナルのプレスを、パリのPRオフィスにお願いしているのですが、そのプレスオフィスから「ランウェイショーはやらないの? 阿部さんとカラーのやりたいことがもっと大勢に伝わるとおもうけど」と言われたんですね。それがきっかけで、自分の考え方を見直してみたんです。

――ショー形式が嫌いというわけでは……

もちろん、洋服は人が着て歩いた方が素材の柔らかさやバランスがよくわかるし、商品を見せる方法としてもハンガーに吊ってあるよりいいとおもっています。ただ、ランウェイショーに対して違和感を感じていたのも事実です。

――その違和感はなんですか?

ショーは、ひとつのシステムに入っていく、枠組みにはめ込まれるように感じていました。

――これまでずっとですか?

そうですね、でもそういう考えをなくしてしまえばショーはとても素直な表現方法だし、シンプルでわかってもらいやすい。

kolor|阿部潤一 02
kolor|阿部潤一 03

――たしかに取材するメディア側も、あるいは消費者も、無意識ですが、ショーをやるブランド、やらないブランドという線引きはもっていますね。

僕もそういう無意識な線引きはどこからでてくるのだろうということをずっと考えていました。ショーをやってシステムに入っていく違和感とか、カラーを好きな人って、アウト・オブ・ファッションな存在が好きでいてくれるのかなと感じていたので、ランウェイをやってファッションになっていくことをナンセンスと感じるんじゃないかという思いはありました。

――そう感じていて、今回はよく決断されましたね。

もちろんショーをするからといって服のつくり方は変わらないし、スタンスも変わっていないし、おなじテンション、おなじ姿勢で、カラーのやりたいことを見てもらおうと。いままでのカラーをよりわかりやすく伝えるためにショーがあると考えました。

――でも一度おこなうと、つぎも期待されます。

1回だけやってみてもわからないし、これがベストなのかもわからないし、この方法論でしばらくやっていこうと思っていますが、僕らも変わっていくので、やっぱりちがう方法がいいかもとおもうかもしれない。ショーに対してまだ答えを出す時期じゃないですね。

kolor 2012-13AW メンズコレクションはこちら