マクラーレン、スーパーシリーズの最新作、675LTスパイダーを発表|McLaren

マクラーレン、スーパーシリーズの最新作、675LTスパイダーを発表|McLaren

CAR NEWS

McLaren 675LT Spider|マクラーレン 675LT スパイダー

スーパーシリーズ最新作、675LTスパイダーを発表

マクラーレン・オートモーティブは、LTの名を冠した第2弾モデルである「675LT スパイダー」を世界限定500台で送り出すことを発表した。

Text by OHTO Yasuhiro

最小限の重量増

今年3月に開催されたジュネーブショーにて、ワールドプレミアを果たしたマクラーレン「675LT」。車名に冠されたLTは「ロングテール」を意味しており、レースシーンで活躍した名車マクラーレン「F1 GTRロングテール」に由来する。その名が示すように675LTは、サーキットユースを前提に仕上げられており、徹底した軽量化とエアロダイナミクスの強化、エンジン性能の向上などを図ることで、マクラーレン史上最速のモデルとして送り出された。

このスパルタンなマクラーレンは、デリバリー開始前に、限定500台のすべてが完売している。その第2弾として投入されたのが、675LTのオープンモデルである「675LT スパイダー」だ。

McLaren 675LT Spider|マクラーレン 675LT スパイダー
McLaren 675LT Spider|マクラーレン 675LT スパイダー

グラマラスなLTのエクステリアは、スパイダーにも受け継がれており、テールエンドに、最大の特徴となるロングテール エアブレーキも備わる。流麗なリヤウィングと組み合わせることで、リヤスタイルの迫力も増された。

クーペ仕様とおなじく、徹底した各部の軽量化が図られており、ボディ構造や特徴的なエアロパーツにはカーボンファイバーを積極的に採用。結果、ベースとなった「650S スパイダー」との比較で100kgもの重量減となる乾燥重量1,270kgを達成。これはクーペ仕様の675LTと比較しても、わずか40kg増に過ぎない。

すぐれた強度をもつカーボンファイバー製モノセルシャシーは、オープントップ化の影響を受けず、追加補強を必要としないため、重量増加分はリトラクタブル ルーフ システムのものだけに留められている。なおリトラクタブル式ルーフは、30km/h以下なら、走行中も開閉が可能だ。