東京モーターショー 2015 リポート|Toyota

東京モーターショー 2015 リポート|Toyota

CAR FEATURES

Toyota|トヨタ

東京モーターショー 2015 リポート

さまざまな角度からクルマの楽しさを提案

東京モーターショーにおける広大なトヨタブースは、話題を集める新型「プリウス」をはじめ、コンパクトスポーツのコンセプトモデル「FR-S」や、メカニズムを見える化した「KIKAI」など、自動車をさまざまな方角から楽しむ提案をおこなっている。現地をおとずれた小川フミオ氏によるリポート。

Text by OGAWA FumioPhotographs by ARAKAWA Masayuki

WOW(ワオ)が必要

相変わらず、という言葉を使っていいかどうか、そっけないブースだったのがトヨタ自動車。しかし広い面積を占めた展示スペースには、自動車のさまざまな可能性を追求した新型車やコンセプトカーが並べられた。4代目になる新型「プリウス」が展示の中心になったのは事実だが、ほかにも、小型スポーツカーのコンセプトや、なかには、概念的に今後の自動車のあり方を模索したモデルもあり、じっくり見る価値があるブースになっている。

新型プリウスについては別項で詳しいのでここでの詳細は避けるが、ひとことで言うと、劇的というより、順当な進化。リチウムイオン電池を搭載するモデルの設定。着座位置など重心高見直しによる操縦性向上。乗り心地の改善。さまざまな項目があげられている。スタイリングは「MIRAI」を思わせる要素が(とくにリアに)散見されるが、実車は写真の印象よりオリジナリティが高い。

Toyota Prius|トヨタ プリウス

Toyota Prius

Toyota Prius|トヨタ プリウス

Toyota Prius

記者発表の場で、高らかに謳いあげられたキーワードは「WOW(ワオ)」。うれしい驚きを表す米国の感嘆詞を使い、「クルマにはワオが必要です」と豊田章男社長は語った。会場に置かれたトヨタ車にはすべてワオがあるように心がけているとした。そのあと、マイアミ・マーリンズで活躍するイチロー選手が登壇。「運転はうまくありません。でもクルマは好きです」と笑顔で語った。

トヨタ自動車にとって、いま(投資家に?)周知したいのは「トヨタ ニュー グローバル アーキテクチャー(TNGA)」だ。これは概念だという。大部分は、4代目プリウスにも使われる新開発のプラットフォームを意味するが、さらに、クルマづくりの方針や、仕事の進め方までふくまれるという。

性能アップにくわえて、効率性(収益性)の向上が目指されている。会場では豊田社長とイチロー氏とのやりとりのなかで、バッティングフォームがアナロジーとして取り上げられた。「フォームを変えることで必ずしも打率が上がるかわからないが、勇気をもってチャレンジしたい」とは豊田社長の言葉である。

ぬくぬくした場所にいるほうが楽だろうけれどあたらしいことにチャレンジしないと未来はない、と豊田社長。燃料電池車の未来は、MIRAIだけでないと、ショーモデルの「FCVプラス」の画像を前に語った。その一方で、自動車好きに大いに注目されたクルマがあった。

Toyota FCV Plus|トヨタ FCV プラス

Toyota FCV Plus