東京モーターショー 2015 リポート|Audi

東京モーターショー 2015 リポート|Audi

CAR FEATURES

Audi|アウディ

東京モーターショー 2015 リポート

ジャパンプレミアを多く出展するアウディ

東京モーターショーにおけるアウディブースは、新型「A4」をはじめ日本初公開のモデルを7車種も展示。それらがさりげなく散りばめられた会場を、小川フミオ氏がリポート。

Text by OGAWA FumioPhotographs by ARAKAWA Masayuki

見どころの多いアウディ

ニューモデルが数多く並んだのが、アウディのブースだ。「あ、こんなところにも!」と、いわゆる平場(ひらば)にさりげなく置いてある新型「R8」を見て驚くひとも。2015年は、「TT」や「A3 スポーツバック e-tron」を導入したアウディジャパンでは、これからそのR8にくわえ、新型「A4」や新型「Q7」の輸入を予定している。

「アウディのエンスージアズムを信じている方が大勢いらっしゃいます」。記者会見で登壇し、そう語ったのは、アウディジャパンのアンドレ・ブラウン代表取締役執行役員だ。アウディは自動車好きの心に訴えかけるモデルを、これからどんどん日本で発売するという意味だろう。

Audi A4 Avant 2.0t quattro|アウディ A4 2.0T アバント クワトロ

Audi A4 Avant 2.0t quattro

s_22_audi-r18-etron-quattro

Audi R18 e-tron quattro

「私個人がもっとも興味惹かれるモデルは、新型A4。日本に赴任する前は、このクルマが開発されている現場のすぐそばにいましたから」。ブラウン代表取締役執行役員は、2016年初頭に導入するA4のアピールに余念がないようすだ。

実際、新開発のミラーサイクルの2リッター4気筒エンジンは、低回転域からトルクがたっぷりあり、回転マナーもよく、かつ従来の1.4リッターより燃費がいい。アウディではこれらを総称してライトエンジニアリング、適切な技術と呼ぶ。車種ごとにライトエンジニアリングを採用するのがアウディの方針なのだ。

新型A4はまずセダンが導入され、つづいてアバントと呼ばれるステーションワゴンが追加される。当初予定されていたディーゼルの導入は延期になるそうで、できのいいエンジンなだけに少し残念だ。静かでパワフルな2リッターディーゼルの早い時期の発売を望むものである。本国では早くもパワフルな「S4」が発表されているため、2016年はA4の年になるかもしれない。

ランボルギーニ「ウラカン」と多くのパーツを共用する新型R8も、ライバルのスポーツカーメーカーの注目車種。本田技研の技術者は、「新型NSXを開発するにあたって、R8を意識していました」と言うほどなのだ。5.2リッターV10をミドシップし、397kWと540Nm、あるいは449kW、560Nmという超パワフル。カーボンファイバーも多用することで軽量化。静止から100km/hに加速するのに、最速バージョンだと3.2秒という。

アウディファンに注目してもらいたいモデルは、もうひとつある。

s_25_audi-r8_ohto

Audi R8