東京モーターショー 2015 リポート|Honda

東京モーターショー 2015 リポート|Honda

Honda NSX

CAR FEATURES

Honda|ホンダ

東京モーターショー2015 リポート

パワーオブドリームをかたちにするホンダ

新型「NSX」や「シビック タイプR」など市販化が近いスポーツモデルが話題を集めるいっぽうで、あたらしい燃料電池車「クラリティ フューエル セル」やパーソナルモビリティの展示にも力を入れるホンダ。企業スローガンのパワーオブドリームをかたちにしたそのホンダブースを、小川フミオ氏がリポート。

Text by OGAWA FumioPhotographs by ARAKAWA Masayuki

スポーツカーメーカーのDNAをもったスポーツモデルたち

スポーツカーから移動支援のパーソナルモビリティまで。あるいは、カブからジェット機まで。本田技研のブースは(さすがにホンダジェットはないが)じつに多彩だ。3モーターのハイブリッドスポーツカー「NSX」の市販モデルや、スポーツモデル好きが期待している「シビック タイプR」が、2015年からF1に参戦している本田技研のスポーツカーメーカーのDNAを持ったモデルとしてまっさきに紹介された。

本田技研のコーポレートカラーである赤でフロアが塗られた同社のブースは、二輪と四輪と2つのジャンルで数々のモデルが展示された。なかには、「コーナリングの楽しさと安定感を両立したスポーツハイブリッド三輪」(本田技研)と謳う「ネオ ウィング」や、モトGPクラス2連覇を達成したRC213VのV型4気筒(公道仕様)エンジンを搭載した「ホンダ プロジェクト2&4 powered by RC213V」も。二輪と四輪のクロスオーバーは、ホンダだからこそのコンセプトといえる。

Honda NSX|ホンダ NSX

Honda NSX

s_023_Honda-CIVIC-TYPE-R_h

Honda CIVIC TYPE R

同社が掲げるスローガン「パワーオブドリーム」は、記者発表時の八郷隆弘代表取締役社長社長執行役員がスピーチのなかで再三強調していたことで、その象徴のひとつと見受けられたのが、前出のホンダ プロジェクト2&4 powered by RC213V開発にかんするパネル展示だ。

二輪と四輪の融合というテーマを基に、日本をはじめとする海外のデザインスタジオのデザイナーたちに競作させたプロジェクトだったようで、今回かたちになった米国人デザイナー、マーティン・ペタースン氏の作品にくわえ、数々の楽しいイメージスケッチが展示されていた。

3.5リッターV6エンジンを後輪の前に搭載する2シーターという点は、初代とおなじレイアウトを採用したNSX。しかし新型は、そこに電気モーターをくわえたうえに、前輪も左右独立してモーターで駆動する4WDだ。

左右駆動輪に伝達する駆動力の配分をコントロールするトルクベクタリング機能によってコーナリング性能の飛躍的向上を狙っていると、本田技研では誇らしげに説明する。

Honda 2&4 powered by RC213V|ホンダ 2&4 powered by RC213V

Honda 2&4 powered by RC213V

ランボルギーニも2014年、将来のスポーツカーのかたちとしてモーターで左右前輪を制御するコンセプトを発表している。しかしまだ生産化は未定と、2015年秋にインタビューしたさい、同社のシュテファン・ウィンケルマンCEOは語っていた。生産立ち上げは2016年からと予定より遅れているものの、NSXこそ、新世代スポーツカーの先陣を切るモデルになりそうだ。システム全体で573馬力といわれる新型NSX。米国ではアキュラブランドで販売されるときの価格は約1,800万円ともいわれる。

あたらしさという点では、「唯一の5人乗り」を謳う「クラリティFUEL CELL」に注目が集まった。