東京モーターショー 2015 リポート|Mazda

東京モーターショー 2015 リポート|Mazda

CAR FEATURES

Mazda|マツダ

東京モーターショー 2015 リポート

次世代ロータリーエンジンに自分たちの夢を表現

今回のショーでもっとも早く発表をおこない、そして熱い注目を集めたのが、ロータリーエンジン復活への望みをコンセプトカーというかたちで具現したマツダだ。小川フミオ氏がその模様をリポート。

Text by OGAWA FumioPhotographs by ARAKAWA Masayuki

一本筋の通ったマツダの戦略

マツダは、2015年の東京モーターショーで、最も注目を集めた自動車メーカーだ。それはひとえに「RXビジョン」の功績。なんともかっこいいスポーツクーペである。その理由は、ロングフードに、後輪の上にドライバーが座るほど後退したキャビンの組み合わせ。伝統的スポーツカーデザインにおける黄金律をそのまま具現化したようなスタイリングなのだ。

「RXビジョン」とは、読者は先刻ご承知だろうが、マツダのロータリーエンジン スポーツカー「RX」シリーズを思わせる車名をもつ。いまさら(燃費が悪い)ロータリー?と思った人が多かったせいか分からないけれど、話題性はじゅうぶんで、記者会見は押すな押すなの大盛況。プレスデイ初日の、朝8時半という早い次回のお披露目だったが、むんむんとしたクルマ好き男たちの熱気で満ちていた(その様子は下のマツダオフィシャルチャンネル動画で見られる)。いらい、このコンセプトモデルを取り巻く興味は衰えていない(はず)。

Mazda RX-Vision|マツダ RXビジョン

Mazda RX-Vision

Mazda RX-Vision|マツダ RXビジョン

Mazda RX-Vision

「FR(フロントエンジン/後輪駆動)スポーツカーの究極ともいえるスタイリングに、次世代ロータリーエンジン技術のスカイアクティブRを搭載しました。(量産に向けての)技術課題はありますが、開発を継続していきます」。発表会の席上で、マツダの小飼雅道社長がそう語ったことで、たんにショーを盛り上げるための“はりぼて”でないと知った報道陣はさらにどよめいたのだった。

マツダのブースは、東京・大田区の洗足店や、目黒区の碑文谷店といった新世代ショールームと共通するようなブラックの背景を使ったVI(ビジュアルアイデンティティ)が印象的だった。そこに並べられたのは、マツダ車のイメージカラーで塗られた数々のモデルだ。「RXビジョン」を筆頭に、ソウルレッドプレミアムメタリックと呼ばれる車体色に輝くモデルが勢揃いした。

マツダの存在感の大きさは、このようなやり方による、ブランドのトータルコンセプトの打ち出し方にある。さらに、デミオからCX5にいたるまで、すべてのモデルに「スカイアクティブ」技術と「魂動(こどう)デザイン」なるバックボーンが通っている。それを感じさせるブースなのだ。

流麗なスタイルのクロスオーバーSUVのコンセプトも一角を占めていた。