トラディショナルな腕時計の魅力を備えたスマートウォッチ「ファーウェイ ウォッチ」|HUAWEI

DESIGN NEWS

Huawei|ファーウェイ

上質でトラディショナルな腕時計のフォルムをスマートウォッチで実現

「ファーウェイ ウォッチ」が発売

最新のスマートフォンをはじめ、多彩なスマートデバイスを手がける、通信分野の世界的トップベンダーであるファーウェイが、スマートウォッチ「ファーウェイ ウォッチ」を発売。トラディショナルな腕時計のたたずまいのなかに、多彩なデジタルファンクションを融合させた、至高のスマートウォッチだ。

Text by KUROMIYA Yuzu

シーンを選ばず使える“腕時計らしさ”が息づくデザイン

「ファーウェイ ウォッチ」は、ウェアラブルデバイス向けに開発された、最新のAndroid OSを搭載するスマートウォッチ。スイスの伝統的なリストウォッチにインスパイアされたというデザインは、“正統派”のたたずまいを写し取っている。

001
001

直径42ミリのラウンドケースは、冷間鍛造により強度を高めたステンレススチール製。風防には、Android端末として世界ではじめて、サファイアクリスタルを採用し、硬質でキズが付きにくく、腕時計としての魅力を高めている。いっぽうで文字盤には、デジタルデバイスらしいテクノロジーが息づき、小さな画面ながら400×400ピクセルの高解像度ディスプレイが、鮮明な表示を実現した。

アナログ文字盤を鮮明なディスプレイで再現し、クラシック、ラグジュアリー、ビジネス、フェミニン、モダン、シンプルなど40種以上ものダイヤルデザインが用意されている。また、文字盤デザインは、画面タップやリューズ操作によって自由に切り替えることが可能だ。

ファンクションに目を向けると、通話、SMS、インスタントメッセージ、Eメールの着信通知をどこにいても受け取ることができ、スマートデバイスらしい機能が満載。対応のワイヤレスヘッドフォン・ヘッドセットにBluetoothで接続でき、オフラインでも音楽が楽しめる。また、音声入力機能も備え、楽曲再生の指示、経路検索やナビゲートの操作ができる「携帯検索機能」の操作などをおこなうことができる。

ヘルスマネージメントに頼もしい高機能センサーを搭載

ウェアラブルデバイスに欠かせない、ヘルスケア機能も充実しているファーウェイ ウォッチ。優れた心拍センサーと6軸モーションセンサーを搭載し、スマートフォンと連携することで健康管理をシームレスにおこなうことができる。

ジャイロセンサーと加速度センサーが内包された 6軸モーションセンサーにより、歩行、ランニング、登山といったさまざまな動きを検知。つねに活動量や燃焼カロリー量、心拍数などが記録できる。腕時計としてのスタンダードな使い勝手をもち、ほかのウェアラブル機器をつかわずに、健康管理までできるのがうれしい。

001
001
001

上質なデザインと素材、そこに最新のデジタルテクノロジーを組み合わせたファーウェイ ウォッチは、通信機器のトップランナーの一社であるファーウェイだからこそつくり上げることができた、正統派のスマートウォッチといえそうだ。

Huawei Watch
W1 Classic leathe
カラー|シルバーケース×ブラックレザーストラップ
価格|オープン(実勢価格4万5800円前後)

W1 Classic Stainless M
カラー|シルバーケース&ブレスレットモデル
価格|オープン(実勢価格5万1800円前後)

W1 Active
カラー|ブラックケース&ブレスモデル
価格|オープン(実勢価格5万7800円前後)

W1 Elite
カラー|ゴールドケース×ブラウンレザーストラップ
価格|オープン(実勢価格8万1800円前後)

問い合わせ先

ファーウェイ・ジャパン

0120-798-288

http://consumer.huawei.com/jp/