美食大陸オーストラリア、美食とワインをめぐる旅へ|ビクトリア州 ハイ・カントリー|特集

特集|美食大陸オーストラリア、美食とワインをめぐる旅へ|ビクトリア州 ハイ・カントリー

Restaurant Australia: Where Unique Food & Wine Experiences Await

特集|美食大陸オーストラリア、美食とワインをめぐる旅へ

Spin Off ビクトリア州 ハイ・カントリー

ハイ・カントリーのおすすめグルメスポット

Provenance(プロバンス)

4

脂ののったカモ胸肉はレアな火入れ。うえには甘酢のズッキーニ

“予約の取れないレストラン”としてにわかに注目を浴びるのは、ビーチワースにあるProvenance。「The Age Good Food Guide」で2シェフズハットを獲得。2013年には、オーナーシェフのマイケル・ライアン氏が同ガイドブックの「シェフ・オブ・ザ・イヤー」も受賞し、一気に評価を高めたガストロノミックな一軒である。

1856年に建てられた旧銀行のクラシックな洋館は、奥にエレガントな宿泊施設を併設、オーベルジュとして運営している。ライアン氏は訪日回数も多く、日本の食文化や食材に精通。シェフおまかせのデギュスタシオンメニューには、ワサビやショウガ、ゆば、ぬか漬けといった日本の味が随所に。そこへワラビーの肉など、オーストラリアらしい食材や地元の厳選したアイテムをくわえ、独自のツイストでメニューを仕上げている。合わせるドリンクにも日本酒をセレクトするなど、モダンジャパニーズ・オーストラリアンともいうべき個性が感じられる。

Provenance
http://www.theprovenance.com.au

Simones(サイモンズ)

4

地元では知られる有名店。多くのリピーターでにぎわう

いっぽう、ブライトにあるSimonesは、1986年にオープンした老舗のレストラン。オーナーのサイモン夫妻は、故郷イタリアのカントリーサイドを彷彿とさせるブライトに惚れ込んで店を開業。夫人のパトリツィアが幼少期をすごした、ペルージャの伝統的な料理をつくり、愛されてきた。現在は息子でシェフのアンソニーが中心となって店を運営。より斬新でコンテンポラリーなモダンイタリアンに変化しつつあり、俄然おもしろみが増している。

Simones
http://www.simonesbright.com.au

Milawa Cheese Company(ミラワ・チーズ・カンパニー)

4

小型のパック詰めチーズも多いので、土産にすることも

ハイ・カントリーには、新旧とりまぜて数多くのグルメスポットが点在する。良質な食材を育む豊かな環境ということもあるが、なによりも四季折々のうつくしい自然風景に囲まれたこの地に魅せられて、ものづくりをはじめたひとが多いというのも理由のひとつだろう。

小さな町、ミラワにあるMilawa Cheese Companyもそのひとつだ。

1988年、メルボルンでふたりの子どもたちと暮らしていた元教師のブラウン夫妻は、オークションで小さなバター工場跡を購入。そこにチーズ工場をつくった。自分たちが幼児期をすごした環境に近いものを、子どもたちにもあたえてあげたかったからだ。

もちろん、チーズづくりへの情熱もあった。ハイ・カントリーの良質な牛、ヤギ、ヒツジのミルクを使ったオールハンドメイドのチーズは、風味豊かで、いまでは地元客や観光客が訪れる人気の店となっている。チェダー、カマンベール、ブリー、ブルーチーズなど種類も豊富。お勧めはキング・リバー・ゴールド。ウォッシュド・リンドスタイルでもっとも人気のある商品だ。リッチなフレーバーと微かなスモーキーさは、ワインはもちろん、ウィスキーにもよく合う。店内には直売店のほか、自慢のチーズを使った焼きたてのピザが味わえる軽食コーナーも。

Milawa Cheese Company
http://www.milawacheese.com.au

Beechworth Honey(ビーチワース・ハニー)

4

100%オーストラリア産のハチミツ。ユーカリなど原生種は、とくに強烈な個性がある

19世紀の開拓時代の面影を残す町、ビーチワース。そのメインストリートにあるのがBeechworth Honey。1880年代、ゴールドラッシュに沸くビーチワースで、鉱夫として働いていたベンジャミン・ロビンソンが、金鉱掘りの過酷な生活に区切りをつけ、養蜂業へとシフトしたのがはじまり。4代目が引き継いだいまでも、ファミリービジネスで経営をつづけている。

店内に足を踏み入れると、ハチミツの甘い香りに包まれる。テイスティングコーナーにずらっと並んだハチミツを、楽しそうに味わう人たちの姿が微笑ましい。バンクシア、レッドガム、アイアンバークといったオーストラリア固有種の花から採ったハチミツは、香りも味も個性が強く、ここでしか味わえない特別なもの。また、日本では健康食品として人気のあるポーレン(花粉)も、安く手に入るのでお勧めだ。

Beechworth Honey
http://www.beechworthhoney.com.au/index.html

Bright Chocolate(ブライト・チョコレート)

4

毎週金曜の14時から、工場見学とテイスティングのツアーが開催されている

アルチザン的なチョコレートファクトリーも、ここ最近のトレンドのひとつ。ブライトに登場したのはBright Chocolate。厳選したカカオを使い、オールハンドメイドでつくりあげるクラフトチョコレートだ。メインストリート脇の路地にあるエントランスを開けると、手前に直売店、その奥にファクトリーがあるだけ。

マダガスカル、エクアドル、トリニダード産など、世界各地のカカオを使用したチョコレートは、カカオそのものの風味を活かすため、絶妙なバランス配合で仕上げられた個性あるフレーバーが特徴。どれもテイスティングができるので、じっくりと好みの味わいのチョコレートを選んでみたい。

Bright Chocolate
http://www.brightchocolate.com.au

Page03. 次世代のワイナリーが、あたらしいワイン&フードのトレンドをつくる

ABOUT
TERADA Naoko

トラベルジャーナリスト 東京生まれ。日本とオーストラリア・シドニーの旅行会社勤務後、編集プロダクションを経てフ […]