世界で活躍する7人の建築家による“7つのセブンチェア”を展示|Fritz Hansen

Fritz Hansen|7人の建築家による“7つのセブンチェア”を展示

DESIGN NEWS

Fritz Hansen|フリッツ・ハンセン

欧州各国で展示をおこなった「7 cool architects」がAnyTokyo2015に登場

7人の建築家による“7つのセブンチェア”を展示

世界を舞台に活躍するザハ・ハディド氏ら7組の設計事務所による特別なセブンチェア ―― 秋のデザインウィーク中、フリッツ・ハンセンは10月24日(土)から東京・増上寺 光摂殿で開催される「AnyTokyo2015」に参加。欧州各国で展示をおこなった「7 cool architects(セブン クール アーキテクツ)」を日本独自の装いで展示する。

Text by KAJII Makoto (OPENERS)

建築家・篠崎弘之氏がインスタレーションを担当

フリッツ・ハンセンは、世界を舞台に活躍する7つの設計事務所に、1955年に発売されたアルネ・ヤコブセンデザインのセブンチェアを再解釈した特別なセブンチェアのデザインを依頼。いくつかのルールのもと、「7 COOL ARCHITECTS」のために建築家が再構築したセブンチェアはロンドンから東京へと世界を巡回展示される。

東京の展示では、今年のミラノサローネでも話題となった建築家・篠崎弘之氏がインスタレーションを担当。欧州各国でのエキシビションとはひと味ちがった空間が登場する。

フリッツ・ハンセン|7 cool architects
フリッツ・ハンセン|7 cool architects

世界に1つだけのアートピースが誕生

建築家アルネ・ヤコブセンがデザインしたミッドセンチュリーの名作家具セブンチェアは、今年発表から60周年を迎える。60年という歴史を祝うと同時に、セブンチェアのあらたな可能性を探るべく「7 COOL ARCHITECTS」プロジェクトが発足した。

セブンチェアは、アルネ・ヤコブセンがデザインした他の作品とは異なり、彼の特定の建築のためにデザインされたものではないので、さまざまな空間に受け入れられている。「7 COOL ARCHITECTS」では、世界的な7組の建築家 ジャン・ヌーヴェル、BIG、ザハ・ハディド、スノヘッタ、カルロス・オット建築設計事務所&カルロス・ポンセ・デ・レオン、五十嵐淳建築設計、ネリ&フーによって、それぞれの観点からセブンチェアを再解釈。世界に1つだけのアートピースを手がけた。

フリッツ・ハンセン|7 cool architects
フリッツ・ハンセン|7 cool architects

ザハ・ハディド氏による特別仕様のセブンチェアは、構造とサポートをダイナミックかつシームレスなかたちで表現。2本のスチール棒で構成された彫刻的なベースは、流れるように地面に達し、成型合板のアイコン的フォルムのシート部を取り囲みむように伸び上がる。

建築的でありながら、独創性のある7つのセブンチェアをAnyTokyo2015で目撃しよう。

「7 COOL ARCHITECTS(セブン クール アーキテクツ)」
会期|2015年10月24日(土)~11月3日(火・祝)
時間|11:00~20:00
会場|AnyTokyo 2015
費用|入場無料
増上寺 光摂殿
東京都港区芝公園4-7-35
http://www.fritzhansen.com/jp/fritz-hansen/For-Professionals/7-cool-architects

問い合わせ先

AnyTokyo 2015

http://anytokyo.com/2015/