クルマの未来や楽しさを提案するトヨタ|Toyota

クルマの未来や楽しさを提案するトヨタ|Toyota

Toyota KIKAI

CAR NEWS

Toyota|トヨタ

東京MSで、クルマの未来や楽しさを提案するトヨタ

トヨタ自動車は、東京モーターショーにおける展示内容について公表した。本国である日本に向けて紹介するのは、むき出しの“クルマ”をみせるコンセプトカーやコンパクトFRスポーツカーから、初の市販水素自動車「MIRAI」のその先、さらに新型プリウスなど多岐にわたる。

Text by OGAWA Fumio

むき出しの“クルマ”をみせるコンセプトカー「KIKAI」

2015年東京モーターショーのコンセプトカーにおいて、質と量ともにもっとも頑張っているのはトヨタ自動車。質とは、コンセプト、技術的内容、そしてワクワクさせてくれるかんじ、すべてにおいてバランスがとれているという意味だ。

トヨタ自動車のコンセプトモデルの中で、自動車好きの心をくすぐるのは、オモチャ感覚もある「KIKAI」。コクピット以外はすべてむき出しになったスタイルで、エンジンカバーを外した「スーパー7」よりさらにネイキッドな感覚が強い。

Toyota KIKAI|トヨタ キカイ

Toyota KIKAI

Toyota KIKAI|トヨタ キカイ

Toyota KIKAI

発想の原点もユニークだ。「いまの人たちと機械とのかかわり方。ビッグデータとかクラウドとかいわれ、自分たちの見えないものに支配されている感覚が強くなっているなか、クルマがどう動いているのか、メカニズムを見せることでリアルな感覚を与えるクルマが喜ばれるのではと考えました」。KIKAIをデザインした商品開発部の陶山和夫氏は語る。

工場萌え、機械式カメラ、クオリティコーヒーといったものが取りざたされる機会が多いのも、自分たちの生活を支えているものの実体を見たいという、リアルなものへの希求があるはず、と陶山氏。KIKAIはミドシップエンジンをはじめ、サスペンションアームもすべてむき出し。室内からサスペンションの動きを見ることで、「モノへの愛着をふくませることができるはず」と言う。ただし現時点ではコンセプトモデルにとどまる。

Toyota S-FR|トヨタ S-FR

Toyota S-FR

Toyota S-FR|トヨタ S-FR

Toyota S-FR

原点に戻って、ライトウェイトスポーツの提案

「S-FR」は、KIKAIとはある意味正反対に位置するが、同等かそれ以上に魅力を感じさせるコンセプトモデルだ。「S800やMR-Sといったトヨタのスポーツカーの系譜につらなる、ライトウェイトスポーツの提案。昭和の匂いという感想も聞きますが、これがクルマの原点ではないという思いを込めて開発しました」。モータースポーツ本部スポーツ車両統括部の森和生氏の言葉だ。

3,990mmの全長はヴィッツなみで、2,480mmのホイールベースを活かした2プラス2のパッケージ。「前輪駆動の2ボックスばかりのエントリーカーの市場にこういうクルマを投入したら、必ず喜んでくれるユーザーがいるはず」と森氏は言うが、まさにそのとおりだと思う。マニュアル変速機も搭載したいそうで、現時点では未定というエンジンを含めて、早い時期の生産化が望まれる1台である。