新生ジュリエッタに試乗! アルファ ロメオ ジュリエッタ|Alfa Romeo Giulietta

新生ジュリエッタに試乗! アルファ ロメオ ジュリエッタ|Alfa Romeo Giulietta

CAR

Alfa Romeo Giulietta|アルファ ロメオ ジュリエッタ

ミラノの名門による“伝統”と“革新”の融合

新生ジュリエッタに試乗!

昨年3月のジュネーブモーターショーでデビューし、先ごろ日本上陸を果たした新型ジュリエッタ。3代目として名車の名を受け継いだ同車に、モータージャーナリスト、大谷達也氏が試乗した。

Text & Photo by OHTANI Tatsuya

アルファ ロメオの実力

伝統と革新……。アルファロメオのように長いヘリテッジを持つブランドでは、ニューモデルが登場するたびにこのことが話題になる。古くからのファンは、ニューモデルにも当然のように伝統の味を期待する。しかし、前作と代わり映えのしないニューモデルを出しつづければ、ビジネスは確実に尻すぼまりになる。

いっぽう、マーケットにはつぎつぎと新型車が登場し、そのたびに品質やパフォーマンスの水準は高まっていく。そうした市場からのニーズに応えつつ、伝統の味をいかに残していくのか。長い歴史を誇るアルファロメオにとっては、ここが最大の腕の見せどころといえる。そしてこのジュリエッタで、アルファロメオは伝統と革新を絶妙にバランスさせるセンスと、それを現実の製品に反映させる技術力があることを、あらためて世に知らしめたのである。

新世代アルファ・デザインの完成形

まずはスタイリングから見てみよう。ボディサイドの造形は、フロントからリアに向かって徐々に上昇するウェッジシェイプを基調としながら、そこに微妙な抑揚をもつキャラクターラインを組み合わせることで、機械的な冷たさだけに陥ることのないある種の情感と、動物の分厚い筋肉を思わせる力強さを表現している。

8Cコンペティツィオーネで提示され、ミトでも踏襲された“丸い目”がモチーフのフロントデザインは、ジュリエッタにもほぼそのままの形で受け継がれたが、ジュリエッタではヘッドライト内側のやや低い位置にLEDデイランプを内蔵しているため、“丸い目”というよりもやや引き延ばされた“おむすび状”の形で、逆三角形の楯型グリルにしっくりなじんだ造形となっている。

総じて、新世代のアルファ・デザインは、このジュリエッタをもって完成したといってもいいのではないか。ミトではやや寸足らずで、8Cコンペティツィオーネでは微妙に間延びしていたプロポーションも、ジュリエッタでは適度な緊張感を保ちながら美しくまとまっているように思う。